亜鉛 貧血 立ちくらみ

亜鉛の効能について

亜鉛は私たちの体を形成するのに欠かすことのできないミネラルの一つです。

 

亜鉛もいわゆる鉄の一つであり、血液に深く関わりがあります。

 

亜鉛は血液の赤血球を作り出すためには欠かせないものであり、この亜鉛が不足してしまうと亜鉛欠乏性貧血という貧血を引き起こしてしまいます。

 

また、亜鉛は血液を繰り出すだけではなく、免疫力を高めたり、新陳代謝を良くする効果がありますが、逆に不足をしてしまうと味覚障害、肌荒れ、うつ病、脱毛や白髪勢力減退などの貧血以外の体の機能の不調をきたしてしまいます。

 

その中でも多くみられる症状が貧血であり、亜鉛不足による代表的な失調だと言えます。貧血になればめまいや立ちくらみ、耳鳴りなども起こり、場合によっては命に関わるような事態に陥る場合もあります。

 

亜鉛欠乏性の貧血は、貧血の中でもかなりポピュラーなものであり、アメリカでは貧血を起こす女性の半数近くが亜鉛不足によって生じているとのデータもあります。

 

ですので、貧血の症状が出ている方であり、亜鉛を含む食品をあまりとっていないというのであれば、不足している亜鉛を補っていくことによって貧血を改善させることができると言えるでしょう。

 

つまりは、亜鉛には、摂取をすることで貧血を直し、ひいては貧血によって生じる立ちくらみやめまいなどを治すことができるという効能があると言っていいでしょう。

 

 

過剰摂取はしてはいけない

亜鉛不足は深刻な問題であり、亜鉛をもっと補給をしていくことで貧血になっている人達を少なくすることはできるのですが、亜鉛を摂取する際には注意をすべき点があります。それは、亜鉛は過剰摂取をすると体調不良を引き起こしてしまうという特徴を持っていることです。

 

過剰摂取をしてしまうとめまいや頭痛、倦怠感を引き起こしますし、極端に一度に大量に亜鉛を摂取してしまうと肝臓障害や吐き気などを催してしまう場合もあります。

 

それ以外にも長期的に取りすぎてしまうと免疫力の低下や下痢、肌の老化なども引き起こしてしまいますし、神経障害、ひいては貧血まで引き起こしてしまう場合があります。

 

貧血を治すために摂取をしているにもかかわらず、過剰摂取と言えるほどまでに摂取を続けて貧血を起こしてしまうのは元も子もない事ですね。

 

なお、摂取量は成人男性が1日に12mg、成人女性が9mgと言われており、できることならばそれ以上の摂取は控えておいた方がいいでしょう。

 

一応は人が摂取できる条件としては30mgとなっていますので、それ位までなら摂取をしても大丈夫です。

 

しかし、どのくらいで体調不良がでてくるかには個人差もありますので、できることならば摂取量は少なめに抑えて、上限いっぱいになることはないように心掛けた方がいいでしょう。

 

ただ、上限まで亜鉛を摂取する際には食品からではなく、サプリメントを使用しないと難しいので、サプリメントを使わないというのであれば、特に気にすることはないでしょう。

亜鉛はどのような食品に多く含まれているのか

亜鉛をたくさん含んでいる食品としては、種実類や魚介類、卵黄、肉類ではレバーなどに含まれています。

 

魚介類の中でも最も豊富なのが海鞘やかに、牡蠣などですね。

 

ですが、これらの食品に含まれている食品は私たちが食べるために行う調理などの加工によって失われてしまう場合が多いです。

 

そのため、食品から私たちが摂取をする場合には、食品の本来が持っている亜鉛の量よりもはるかに少なく、平均的には4mg程度しか摂取することができていないと言われています。

 

加工によって失われてしまいますので、亜鉛が不足しがちな人は食品からの摂取をしてもあまり効果が無い可能性もあります。

 

そのために、亜鉛不足を解消するためには食品による摂取はほとんど行われておらず、サプリメントによる摂取の方が多いと言えます。

 

サプリメントであれば、一度に必要な量の亜鉛を効率よく摂取をすることができますし、亜鉛を含む食品は値段が高かったり、手が届き辛い食品も多く、継続して摂取をするのが難しいため、継続して摂取のし易い亜鉛のサプリメントが良く使われていると考えられます。

 

しかし、上述の通り亜鉛は過剰摂取をしてしまえば、体に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

そして、サプリメントはその過剰摂取を引き起こしてしまい易いです。不足しがちだからと言って、サプリメントを大量に服用をしてしまうことは絶対に避けるようにしましょう。

 

サプリメントそのものは悪くはありませんが、過剰摂取を引き起こしてしまう原因としては、私たち使用する人間が、たくさん摂取をした方がいいと勝手に考えて過剰に摂取をしてしまうからです。

 

なので、サプリメントを使用して亜鉛を補給するのであれば、きちんと用量用法をしっかりと守って、適切な量を摂取していくように心掛けるべきであると言えるでしょう。十分に注意してください。

私の娘は「キリツテイン」を飲むことで起立性調節障害が治りました!

中学2年生の娘は起立性調節障害で朝起きることができませんでした。毎朝頭痛や貧血で体調が悪く、学校を休む日も多かったんです。

 

そこで「キリツテイン」を飲ませたところなんと1カ月後には朝頭痛に悩まなくなりました。

 

あれから3カ月が経ちますが今では学校を休むことなくなりました。

 

私の娘のように起立性調節障害や起立性低血圧の子供をお持ちでしたら「キリツテイン」を試してみてはいかがでしょうか?

 

ああ

 

ああ

関連ページ

頭痛と吐き気が同時に起こる原因は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
メニエール病の原因と解決方法
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
朝の頭痛の原因や対処法は?頭痛になり易い人ってどんな人?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
頭痛が治らない理由と子供の頭痛の原因は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【中学生】朝の子供の立ちくらみ!原因は?もしかしたら病気の一歩手前かも?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
頭痛とめまいの原因と種類
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます

 
起立性調節障害 起立性低血圧について 朝の頭痛や立ちくらみ 管理者へ質問してみる