メニエール病 原因

メニエール病の原因は?

メニエール病は、内リンパ水腫、という中耳のリンパが増えて、水膨れしている状態になってしまい、蝸牛や三半規管、耳石器に障害をきたしてしまう病気です。

 

そのため難聴やめまいなどを生じ、耳が詰まるような感じの聴覚障害が起こります。

 

そのような聴覚障害やめまいが一日に何度も反復されてしまう状態がメニエール病として定義されています。

 

なお、蝸牛と三半規管や耳石器のどちらかに生じる場合もあり、そのような場合だとめまいと聴覚障害が分かれて生じることもあります。

 

激しいめまいは30分くらいから数時間は継続して、めまいが軽快すると耳鳴りや難聴などが生じ、それが何度も繰り返されるメニエール病は症状が出てしまうとかなり大変です。

 

吐き気や冷や汗が出ることもありますしい、頻脈や顔面蒼白なども見られることもあります。

 

このようなメニエール病ですが、引き起こされる原因はストレスや睡眠不足、気圧の変化などです。

 

なので、日々の生活にストレスを感じていたり、忙しくて眠る時間をなかなか取れないでいると急に発症してしまうこともあります。

どんな人がなりやすいの?

メニエール病になりやすい人は、正確面で言えば神経質な方や几帳面な方、真面目な方です。

 

このような方の中にはとにかく完璧を目指す完璧主義の方もいらっしゃいますが、なかなかうまくいかなくて、それがストレスになってしまい、ストレスによっては睡眠不足が引き起こされてしまうなどの悪循環に見舞われてしまうこともあります。

 

ストレスを感じやすいと言えるので、注意を払うべき方々ですね。

 

また、それ以外には30代から50代くらいの女性もなり易いです。

 

こちらはホルモンの関係や子育てなどのストレスが原因と考えられます。

 

性格面や性別以外に、自身のライフスタイルによってもメニエール病になり易くなってしまうこともあります。

 

例えば、21時を超えてから飲食をしたり、毎日疲労を溜めてしまいがちであったり、ネットやスマホなどを使って、ブルーライトを浴びて眠り辛くなり、ついつい夜更かしをしてしまいがちであったり、休日に寝だめをしてしまうのが習慣となっていたり、運動をする習慣がない、というようなライフスタイルになっている方も、メニエール病にはなり易いのでそのような生活習慣の改善が早急に必要になると思います。

 

治療方法

上記に挙げた通り、メニエール病は非常に辛いめまいや吐き気などの激しい症状に見舞われてしまいます。

 

そのような症状を抑えるためにめまい止めの点滴や内服薬の服用をして症状を抑えます。めまい止めなどを使用した後は、抗不安剤や利尿剤、循環改善剤、ビタミン剤などを組み合わせ、ストレスや睡眠不足などで乱れてしまった体内の機能を正常化させたり、水腫となってしまったリンパを抑えるようにします。

 

けれども、根本的にメニエール病を発症させている原因はストレスや睡眠不足であり、薬物治療を行っていたとしても、これらの原因を完全に取り除かないことには完治は絶対にしません。

 

なので、ゆっくりとストレスや睡眠不足を解消するために、しっかりと休みを取って、精神的にも肉体的にもリフレッシュをさせていく必要があると言えます。

 

できることならば、まだまだ症状の激しくない初期症状のうちにケアを始めた方が、早くは治ります。

 

そのような場合ならば、食事による栄養治療も改善には効果的です。栄養素としては、ビタミン類や食物繊維、酵素などをしっかりと補給できるようにすることがおすすめです。

 

薬物治療のお話に少し戻りますが、使用する薬物の中には漢方薬もあります。漢方薬は症状を改善させるだけではなく、自身のライフスタイルを改善するのにも効果的です。また、これらの薬物治療が必ず効果があるとは限りません。

 

結局水腫がとれなければ、いつまでも症状が残り続けることになり、場合によっては直接切除するために手術をする場合もあります。

 

しかし、手術は最終手段で、聴力を失ってしまう可能性や後遺症が残るなどのリスクが非常に高いものです。

 

なので、できることならば症状が重症化してしまう前に治療を始めて、手術を行わずに済むように心掛けた方がいいでしょう。

 

なお、根本的な解決のためにはライフスタイルの改善や、気持ちの持ちようの変化、ストレスとの関わり方を見直していく必要があり、中でも運動習慣を取り入れるのが非常におすすめです。

 

メニエール病と起立性調節障害の共通点

なお、メニエール病と起立調節障害との共通点は発症する原因が待っとく同じであるという点です。

 

ストレスや睡眠不足によって、起立性調節障害が発症するので、併発をしてしまうこともあり、どちらか一方がでてから発症してしまう可能性もあるので、注意をすべきだと言えます。

 

ただ、原因が同じなので、ストレスや睡眠不足を緩和し、ライフスタイルやメンタルの改善で解消するという点も共通していますので、一緒に治していくことも可能です。

私の娘は「キリツテイン」を飲むことで起立性調節障害が治りました!

中学2年生の娘は起立性調節障害で朝起きることができませんでした。毎朝頭痛や貧血で体調が悪く、学校を休む日も多かったんです。

 

そこで「キリツテイン」を飲ませたところなんと1カ月後には朝頭痛に悩まなくなりました。

 

あれから3カ月が経ちますが今では学校を休むことなくなりました。

 

私の娘のように起立性調節障害や起立性低血圧の子供をお持ちでしたら「キリツテイン」を試してみてはいかがでしょうか?

 

ああ

 

ああ

関連ページ

頭痛と吐き気が同時に起こる原因は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
朝の頭痛の原因や対処法は?頭痛になり易い人ってどんな人?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
亜鉛は貧血や立ちくらみ、めまいへに効果あるの?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
頭痛が治らない理由と子供の頭痛の原因は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【中学生】朝の子供の立ちくらみ!原因は?もしかしたら病気の一歩手前かも?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
頭痛とめまいの原因と種類
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます

 
起立性調節障害 起立性低血圧について 朝の頭痛や立ちくらみ 管理者へ質問してみる