頭痛と吐き気 原因

頭痛と吐き気が同時に起こる

 

頭痛と一緒に起こる吐き気、こちらに苦しめられているのは大人ばかりではなく、子供にも多くみられるものです。

 

もしも、自分の子供が頭痛や吐き気を催すのであれば、きちんと対処をしてあげるのが一番です。

 

その頭痛の種類について詳しく見てみましょう

 

症候性頭痛

まず、症候性頭痛と呼ばれるのは、くも膜下出血、髄膜炎、脳腫瘍の三つです。こちらは脳や脳神経、血管などが原因で頭痛と吐き気が現れます。くも膜下出血はよく知られている通り、命にかかわる大きな症状ですので、できるだけ早く気付き、病院に連れて行くことが重要となります。

 

なお、これらの症状は子供には出辛く、大人の方が出やすいと言えますが、子供でも発症しないというわけではないので、子供が頭痛と吐き気を催した場合、特に強い頭痛を訴えるのであれば、疑ってみた方がいいかもしれません。

 

慢性頭痛症

慢性頭痛症は、片頭痛、緊張型ずつ、群発頭痛の三つが挙げられます。こちらの特徴は、病気が原因で起こるものではなく、発作的症状が繰り返し生じたり、持続してしまうという特徴があることです。

 

なお、病院に行っても、何なら以上が見られるわけではありません。主にホルモンバランスや自律神経などに異常が見られて生じることが多いので、お薬などを併用しつつ、生活習慣を見直すように心掛ける必要があります。

 

片頭痛は長期にわたり、子供にもよく見られる

中でも、子供のころからも良くみられるのは片頭痛です。しかも、前兆がある場合も無い場合もあり、痛みがピークに達すると、吐き気を伴い、勉強なども行い辛くなりますので、子供にとっては非常に苦しいものになります。

吐き気を伴う頭痛の原因について

病気が原因で生じる頭痛を除けば、ほぼすべての頭痛の要因はストレスや自律神経の不良、または血行が悪化していることが挙げられます。

 

一番大きな原因はストレス

頭痛を起こす最も大きな原因はストレスです。ストレスは子供でも大人でも感じる場面が多くあり、痛みが悪化することもあります。その上、吐き気はあるのに嘔吐はない、という状態にもなるので、学校などで頭痛が酷くなれば、落ち着くまで我慢をするしかありません。
大人ができることはそこまで多くはありませんが、子供がストレスを溜めないように、運動をさせたり、プレッシャーをかけ過ぎないように注意をする必要があると言えるでしょう。

 

スマホで頭痛が悪化している場合も

なお、血行不良や自律神経の乱れを起こす理由として、スマホの使い過ぎが挙げられます。スマホは首を曲げて使用するために、脳への血液やリンパの流れを悪くしたり、吐き気を発生させることが良くあるのです。

 

スマホの使用を禁じるのは難しいかもしれませんが、使い方として顔を上げて使うようにしたり、首を置くことのできるような椅子を使わせてあげるなどして、首の姿勢が悪くならないように努めた方がいいでしょう。

 

なお、若い人には非常によくみられる症状で、クリニックなどで首の治療をしてもらうとすぐに治る場合もありますので、スマホをかなり使わせている子が頭痛になった時に治療をしてもらうといいでしょう。

対処するにはどうすればいいのか

頭痛が生じた場合には必ずすぐに対処をするように心掛けましょう。

 

まずは病院に行って原因を突き止めることです。

 

原因が分からないまま放置をしたり、勝手な治療をすると全く効果が現れずに、症状が長引くだけですので気を付けましょう。

 

特に、急な治療が必要な場合もありますので、頭痛が酷いようであれば、早急に病院へ行くことをおすすめします。

 

病院に行き、薬などで治す

病院に行けば、原因を突き止めることができる他に、お薬などを処方してもらえますので、適切な治療を行うことができるようになります。ストレスや血行を良くする葛根湯などの漢方薬、プリンペランやナウゼリンなどの吐き気止め薬、血管を収縮させて頭痛を和らげてくれるエルゴタミン製剤、軽い症状に効果のあるトリプタン系薬剤などを処方してもらうことが多いでしょう。いくつかのお薬は市販でも売っていますのが、子供であれば早いうちから適切な治療をしておいた方がいいと思いますので、必ず病院で診察してもらい処方箋を出してもらいましょう。

 

片頭痛のいくつかの対処法

片頭痛は、薬の治療だけではなかなか治りません。常日頃から、片頭痛が起こり辛いような対策方法を練っておくと良いでしょう。
ストレスを溜めないこと、寝すぎや寝不足を起こさないこと、血管拡張作用のあるチーズやチョコレートなどを食べさせ過ぎないようにすること、ビタミンB2やマグネシウムなどを含んでいる食べ物を食べさせてあげることなどです。

 

また、片頭痛は気圧や気温の変化でも生じることもありますので、いつ片頭痛が起きるのかも理解しておき、注意を促せるようにしておくのもいいですね。

 

なお、首を軸にして肩を回転させたり、ひじを曲げて肩を起点に両腕をぐるぐると回すなどの体操によって、頭痛を和らげることもできますので、子供が片頭痛で苦しんでいるのであれば、教えてあげるといいでしょう。

私の娘は「キリツテイン」を飲むことで起立性調節障害が治りました!

中学2年生の娘は起立性調節障害で朝起きることができませんでした。毎朝頭痛や貧血で体調が悪く、学校を休む日も多かったんです。

 

そこで「キリツテイン」を飲ませたところなんと1カ月後には朝頭痛に悩まなくなりました。

 

あれから3カ月が経ちますが今では学校を休むことなくなりました。

 

私の娘のように起立性調節障害や起立性低血圧の子供をお持ちでしたら「キリツテイン」を試してみてはいかがでしょうか?

 

ああ

 

ああ

関連ページ

メニエール病の原因と解決方法
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
朝の頭痛の原因や対処法は?頭痛になり易い人ってどんな人?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
亜鉛は貧血や立ちくらみ、めまいへに効果あるの?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
頭痛が治らない理由と子供の頭痛の原因は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【中学生】朝の子供の立ちくらみ!原因は?もしかしたら病気の一歩手前かも?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
頭痛とめまいの原因と種類
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます

 
起立性調節障害 起立性低血圧について 朝の頭痛や立ちくらみ 管理者へ質問してみる