頭痛とめまい 原因

頭痛とめまいが生じる種類

 

頭痛とめまい、どちらも経験したことのあることが多い症状だと思いますが、このどちらもが生じるようなことが多々あります。

 

いくつか種類を上げると、頭痛の一種として良く知られる片頭痛もめまいを伴うことが良くありますね。

 

また、肩こりなどによって生じる筋収縮性頭痛、項部神経痛という頭痛もあります。こちらは首から後頭部にかけて痛みを感じる頭痛ですね。

 

また、片頭痛以外には緊張性頭痛という頭痛もあります。

 

片頭痛よりも緊張性頭痛の方が頻度は高く、めまいだけではなく吐き気を伴うこともあるようです。

 

さらに、頭痛とめまいが生じるだけではなく、吐き気やおう吐なども起こったり、片側の顔面の間隔が鈍くなったり、声が出にくくなったり、物を飲み込みにくくなるなどのその他の症状も映発していると、脳梗塞が生じているような場合もあります。

 

こちらは直ちに受信をしなければ命に関わる大問題となってしまうでしょう。

 

このように、一概に頭痛とめまいと言っても種類はさまざまあります。

 

片頭痛や緊張性頭痛は長期的に続く場合もありますが、しばらくすれば痛みが止むために、たいしたことではないと放置される方も多いのですが、脳梗塞のような症状が出てしまったときに、それをうっかり見落としてしまうことも考えられます。

 

もしも、頭痛とめまいが併発してしまった場合には、すぐにでも受診をした方がいいと言えますので、お気を付け下さい。

頭痛と併発して起こるめまいの原因

なお、頭痛とめまいが併発してしまう原因についてですが、様々な原因が挙げられるものの、中でも最も大きなものとして挙げられるのがストレスです。

 

片頭痛などは特にストレスによって生じやすい頭痛です。

 

環境の変化や日頃の不満などがストレスとして溜まっていくと、片頭痛として現れる人もいます。

 

当然個人差はありますが、もとより片頭痛が生じやすい人、片頭痛もちの方は余計に酷くなる恐れもあります。

 

過度にかけられるプレッシャーが緊張性頭痛に転じることもあります。

 

つまり、頭痛とめまいの多くが心的な要因によって生じることが多いと言えるのです。

 

ただ、外的な要因によって頭痛が生じないというと訳でもありません。肩こりなどによって生じる頭痛もあり、これらは日頃のパソコンの使用やデスクワーク、勉強などが原因になることが多いです。

 

特に、最近の子供たちはスマホやパソコンを良く使うので、肩や首にかなりの負担をかけてしまっていることが多く、それが原因で頭痛が生じることも珍しくはありません。

 

また、目に対する負担も大きくなりますので、三半規管に異常が生じて、めまいが発生することも考えられます。

 

なお、めまいの症状としては、回転性のめまい、非回転性のめまい、並行失調などがあります。

 

回転性のめまいはまさにめまいの代表的なもので、ぐるぐるとまわってまっすぐ歩くことが困難になります。

 

非回転性のめまいはふわふわと浮いているような視界になるものです。並行失調は歩行中にふらつくようなこともあります。

 

なお、めまいの原因としては、上記に挙げた頭痛の他にも子供が特にかかりやすい中耳炎、脳の血管障害、さらには薬の副作用による内耳障害などがあります。

 

場合によっては、これらの原因と別の原因で生じている片頭痛が併発して起こることもありますので、注意が必要だと言えますね。

それぞれの治し方

めまいと頭痛を併発するようであれば、病院にかかるのが最も手っ取り早い治し方になります。

 

主にかかりつけのお医者さんか、専門医などに受診をすると良いでしょう。

 

なお、めまいを生じさせる大きな一つの要因として、自律神経のへの異常が生じているような場合もあります。

 

その自律神経の異常も、ストレスや疲れなどが原因として生じていることもありますので、しっかりとストレスを解消したり、リラックスのできるような時間を取るようにするといいでしょう。

 

特に夜更かしやスマホやパソコンの使い過ぎなどの、悪しき生活習慣を取り除いて行くことも必要になります。

 

それらを直して、規則正しい生活習慣を取り入れると頭痛もめまいも少しずつですが、改善していきますし、継続して続けられるようになれば、それらに悩まされることもなくなるでしょう。

 

自律神経を正常にするにはお灸もおすすめなので、試してみることをおすすめします。

 

頭痛やめまいは、かなりの確率で私たちの生活に深く根付いている原因があります。

 

要するに日々の生活で生じる何かしらの無理がたたって起きているとも言えますので、それらをしっかりと取り除いてあげることが何よりの改善方法だと言えます。

 

ただ、それらの生活改善のために無理をするのも禁物です。

 

やりたいことをやれない、自由な時間を制限する、などはストレスの原因にもなりますし、夜寝つけない原因にもなり、頭痛やめまいが悪化の一途をたどることもありますので、お気を付け下さい。

 

私の娘は「キリツテイン」を飲むことで起立性調節障害が治りました!

中学2年生の娘は起立性調節障害で朝起きることができませんでした。毎朝頭痛や貧血で体調が悪く、学校を休む日も多かったんです。

 

そこで「キリツテイン」を飲ませたところなんと1カ月後には朝頭痛に悩まなくなりました。

 

あれから3カ月が経ちますが今では学校を休むことなくなりました。

 

私の娘のように起立性調節障害や起立性低血圧の子供をお持ちでしたら「キリツテイン」を試してみてはいかがでしょうか?

 

ああ

 

ああ

関連ページ

頭痛と吐き気が同時に起こる原因は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
メニエール病の原因と解決方法
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
朝の頭痛の原因や対処法は?頭痛になり易い人ってどんな人?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
亜鉛は貧血や立ちくらみ、めまいへに効果あるの?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
頭痛が治らない理由と子供の頭痛の原因は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【中学生】朝の子供の立ちくらみ!原因は?もしかしたら病気の一歩手前かも?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます

 
起立性調節障害 起立性低血圧について 朝の頭痛や立ちくらみ 管理者へ質問してみる