子どもの頭痛 原因

なかなか治らない頭痛の正体は?

 

頭痛に悩まされている方は日本には非常にたくさんいると言われています。実際に、頭痛持ちの方は子供でも大人でもたくさんいらっしゃいます。

 

しかし、それらの頭痛に対する意識はかなり薄いのが実情です。

 

毎日のように頭痛はあるけれども、別段病院に行くほどでもないと思ったり、もうすっかり慣れてしまっていたり、日常生活に支障が無かったりと、そこまで意識はしないかと思われます。

 

中には病院にかかっても原因が全く分からないということもあります。特にそれらの頭痛は痛みが長期化する物ばかりです。それらのいくつかの種類を上げて行きましょう。

 

まずは、片頭痛です。片頭痛は脳の血管が拡張子、三叉神経(さんさしんけい)が圧迫されて痛くなるものです。こちらは20代から40代くらいの女性に多くみられ、生まれつき生じやすい人とそうではない人もいるようです。

 

二つ目は緊張性頭痛です。こちらは後頭部から肩の筋肉の緊張、いわゆる肩こりや首こりなどが原因で生じる頭痛です。また、緊張性頭痛は心的な要因も伴って生じることが多く、疲労やストレスなどが原因で生じることもあります。

 

三つ目は群発性頭痛です。こちらの原因は目の奥にあります。目の奥にある内頚動脈(ないけいどうみゃく)に異常を起こし、激しい痛みに襲われます。眼精疲労などが原因となることが多く、最近特に症状を訴える人が増えました。その原因は仕事でのパソコンの使用やスマホの長時間の使用が関わっていると言えるでしょう。

 

これらが主に長期的に痛みの生じる頭痛の代表的なものになります。

 

これらを放置していると、本当に大きな痛みが生じ、命にまで危険の及ぶくも膜下出血や脳腫瘍などが起きた際にも、ついつい放置をしてしまう原因となることもあります。

 

普段からある程度の頭痛は大丈夫だ、と思っていることが命に関わる油断に繋がりますので、できれば、頭痛外来を日ごろから受診して、対処をすることをおすすめします。

子供の場合はどんな原因で頭痛が生じるの?

なお、上記に挙げた頭痛は子供であっても生じることがあります。

 

片頭痛は体質的に発生し易い子供が、環境の変化や気圧の変化などによって頭痛を感じることがあります。

 

緊張性頭痛は、主に大人の男性が多く発症しているのですが、最近ではこちらも子供が症状を訴えることも増えて来たようです。

 

その原因としては、やはりスマホの長時間の利用が関わっています。

 

スマホを使用している際の姿勢が悪いと特に生じやすいですね。

 

首を曲げたままの状態だと首こりが生じやすくなりますから、子供が下を向いてスマホを使用するのはやめさせた方がいいかもしれませんね。

 

もちろん、スマホの長時間の使用は、群発性頭痛を生じさせることもあります。スマホの画面は目に大きな負担をかけるので、やはり長時間の使用は避けるようにした方がいいと言えます。

 

また、最近の子供は特に運動不足などによって、体が披露し易くなっています。そのため、従来までは年齢的にあり得なかった肩こりなども生じやすくなっているようですので、こちらも頭痛の原因になります。

 

その他にも、いじめや勉強に関わるストレス、親からのプレッシャーによるストレスも、子供に頭痛を生じさせる原因となりますので、心身ともにしっかりとケアをしてかげるように、親は心掛けた方がいいですね。

頭痛を治すためのいくつかの方法

頭痛を治すのであれば、やはり病院やクリニックなどで治療をしてもらったり、薬を処方してもらうのもかなり効果的です。

 

しかし、薬に頼りすぎると、今度はその薬の副作用による頭痛が生じるようになることもありますし、原因がはっきりと分からなかったり、緊張性頭痛などはあくまでも鎮痛剤を処方されるだけなので、根本的な治療という訳ではありません。

 

頭痛を治すのであれば、薬だけではなく日々の生活の中から頭痛の原因を取り除くようにするのが最も効果的です。

 

例えば、空気を入れ替えて、室内にこもった汚い空気ではなく外の空気を吸うこと、ストレスなどを緩和させるホットミルクやヨーグルトを取ること、規則正しい生活習慣を取り入れて体の疲労を回復させてあげること、ストレッチなどの軽い運動を取り入れて、運動不足を解消して肩こりなどが生じにくくさせること、お香を使ってリフレッシュすること、ツボを刺激して頭痛を緩和させること、などなどが挙げられます。

 

要するに、心身ともにゆったりとリラックスした時間を取るようにすることです。

 

頭痛の多くは体の緊張や心の不調が原因で生じるもので、外的な要因があれば、それらは病院などで治療をしてもらうことも容易にできます。

 

なお、頭痛が生じてすぐにでも痛みを軽くさせたいのであれば、片頭痛はこめかみを冷やす、緊張性頭痛は蒸しタオルなどで首や肩を温める、またはそのあたりを軽くストレッチしたり、散歩に出たりするとかなり楽になりますので、お試しください。

 

ただ、完全には治せないので、上記に挙げたような対処法を日ごろから摂るようにすることをおすすめします。

私の娘は「キリツテイン」を飲むことで起立性調節障害が治りました!

中学2年生の娘は起立性調節障害で朝起きることができませんでした。毎朝頭痛や貧血で体調が悪く、学校を休む日も多かったんです。

 

そこで「キリツテイン」を飲ませたところなんと1カ月後には朝頭痛に悩まなくなりました。

 

あれから3カ月が経ちますが今では学校を休むことなくなりました。

 

私の娘のように起立性調節障害や起立性低血圧の子供をお持ちでしたら「キリツテイン」を試してみてはいかがでしょうか?

 

ああ

 

ああ

関連ページ

頭痛と吐き気が同時に起こる原因は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
メニエール病の原因と解決方法
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
朝の頭痛の原因や対処法は?頭痛になり易い人ってどんな人?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
亜鉛は貧血や立ちくらみ、めまいへに効果あるの?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【中学生】朝の子供の立ちくらみ!原因は?もしかしたら病気の一歩手前かも?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
頭痛とめまいの原因と種類
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます

 
起立性調節障害 起立性低血圧について 朝の頭痛や立ちくらみ 管理者へ質問してみる