朝の頭痛 原因 対処法

朝に起きる頭痛の原因は何?

 

頭痛はほとんど朝に起こるものだと言われています。

 

代表的な頭痛の一つである片頭痛も、午前中に集中して起きており、多くの方が悩んでいます。

 

今回はその午前に起きる頭痛の中でも、特に朝、起きた時に生じる頭痛について紹介します。まずは頭痛の原因を見ていきましょう。

 

肩こりや首こり

頭痛のほとんどがこの肩こりや首こりによるものです。肩こりや首こりによって脳にいきわたる血液量が減ると、脳でセロトニンと言うホルモンが分泌されて、これが痛みに直結するそうです。もちろん、朝だけではなく慢性化する恐れもあります。

 

生理痛

生理痛による頭痛は、ホルモンバランスの乱れやストレスが原因で頭痛が発生します。その際には血管が拡張されているので、痛みが生じるようです。

 

寝すぎや寝不足

寝不足はもちろんのこと、寝すぎも頭痛を生じさせます。交感神経や副交感神経を一時的に混乱をさせているせいで痛みが生じるのです。ただ、この頭痛は時間が経てば治る頭痛なので、特に対処をせずとも待つだけで十分に治ります。

 

寝起きに起こる片頭痛

片頭痛を持っている方は、寝起きになると寝ている際の副交感神経の働きで、脳の血管が拡張されて片頭痛が発生します。

 

寝ている際の姿勢が悪い

首こりや肩こりなどにも似ていますが、寝ている最中の姿勢が悪いと脳への血液の循環が阻害されるので、こちらも寝起きに頭痛を生じさせてしまいます。寝る際の姿勢はもちろんのこと、ベッドやマットレス、枕などがあっていないと特にこれらによる頭痛が起きやすいので注意しましょう。

 

寝ている間の消費エネルギーが激しい

人間は寝ている際にもエネルギーを照応しています。しかし、このエネルギーが使われ過ぎると、頭痛が起きてしまいます。本来ならばエネルギーは不足しないはずですが、栄養不足や栄養状態が良くない時には特に頭痛が生じるほどのエネルギー消費をするようなので、気を付けましょう。

 

二日酔いや煙草の吸い過ぎ

二日酔い、煙草の吸い過ぎは、特に朝起きた時の頭痛を生じさせ易いです。二日酔いは経験がある方も多いので、よく知られていると思います。煙草は脳の血管に悪影響を与え、一日に十本以上も吸っていると特に頭痛が起きやすいです。

 

水分が足りなくなっている

寝ている最中には、寝汗などによって水分を失うのですが、コップ一杯分の水分を失うと頭痛が生じると言われています。寝る前にきちんと水分を取ったり、朝起きてすぐに水を飲むといいでしょう。

 

ストレス

朝だけではありませんが、多くの頭痛はこのストレスが原因となって起こります。ストレスはできるだけ発散するようにした方がいいですね。

 

起立性調整障害

なお、特にストレスの影響を受けて生じる頭痛として起立性障害による頭痛があります。起立性障害は交感神経の働きが悪くなって、血圧が低下し、血行が悪くなるので頭痛以外にも様々な不調を訴えるようになります。こちらは子供にも良く生じて、しかも明確な治療方法がないので、特に気を付けたいものですね。

頭痛になり易い人たちの習慣

 

スマホやパソコンの使い過ぎ

スマホやパソコンの画面をじっと見ると、脳に刺激を与え、寝不足などを引き起こします。さらに、姿勢が悪いと首こりや肩こりの原因ともなるので、よく使用している人は頭痛になり易いです。

 

寝る直前の熱いお風呂

寝る直前に暑いお風呂に入ると、熟睡をすることができなくなってしまい、寝ているにも関わらず寝不足になり、頭痛を生じさせ易くなります。

 

寝る前のアルコールの摂取

寝酒は、一見するとよく眠れていいものだと思いがちですが、アルコールの二日酔いによる頭痛、さらには水分不足による頭痛を生じさせてしまいます。

 

寝る直前の食事

寝る直前に食事を取ると、内臓が活発に動くために熟睡が妨げられてしまいます。少なくとも、睡眠直前から3時間以前には食べ物を食べないようにした方がいいでしょう。

 

ストレスのため過ぎ

ストレスを溜めすぎるのも、頭痛の大きな原因です。できるだけストレスはためないように心掛けましょう。

 

朝に頭痛が起きたらそれぞれの対処を行う

 

 

朝のシャワー

寝すぎや寝不足が原因だと思うのであれば、朝にシャワーを浴びましょう。シャワーを浴びると混乱した神経を正常に戻すことができます。

 

カフェインを摂取する

カフェインには、血管を収縮する作用があるので、幅広い頭痛に効果があります。

 

痛い部分を冷やしてあげる

片頭痛などが生じるのであれば、痛みを感じる部分を冷やしたタオルなどで冷やすといいでしょう。片頭痛は長く付き合うものになると思いますので、事前に保冷材などを準備しておくといいかもしれませんね。

 

枕などの寝具を変える

上記の通り、頭痛は枕やベッド、マットレスが原因で生じていることもありますので、それらを一新すると症状が軽くなることがありますよ。

 

生活習慣を変える

頭痛を生じさせたくないのであれば、根本的に自身の生活を見直すようにしましょう。過不足のない睡眠を取る、煙草を止める、運動をする、肩こりなどにならないように心掛ける、などなどいくらでも対処法はありますので、ぜひ取り入れてみて下さい。

私の娘は「キリツテイン」を飲むことで起立性調節障害が治りました!

中学2年生の娘は起立性調節障害で朝起きることができませんでした。毎朝頭痛や貧血で体調が悪く、学校を休む日も多かったんです。

 

そこで「キリツテイン」を飲ませたところなんと1カ月後には朝頭痛に悩まなくなりました。

 

あれから3カ月が経ちますが今では学校を休むことなくなりました。

 

私の娘のように起立性調節障害や起立性低血圧の子供をお持ちでしたら「キリツテイン」を試してみてはいかがでしょうか?

 

ああ

 

ああ

関連ページ

頭痛と吐き気が同時に起こる原因は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
メニエール病の原因と解決方法
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
亜鉛は貧血や立ちくらみ、めまいへに効果あるの?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
頭痛が治らない理由と子供の頭痛の原因は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【中学生】朝の子供の立ちくらみ!原因は?もしかしたら病気の一歩手前かも?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
頭痛とめまいの原因と種類
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます

 
起立性調節障害 起立性低血圧について 朝の頭痛や立ちくらみ 管理者へ質問してみる