立ちくらみ ヘム鉄

ヘム鉄には立ちくらみや貧血にどのような効果が期待できるのか

ヘム鉄とは

ヘム鉄とは、血中にある赤血球のヘモグロビンを構成している成分の一つです。このヘモグロビンがあるために、酸素を体の隅々にまで運ぶことができ、その酸素を運ぶ働きが弱まってしまうと、貧血や低血圧などの症状が見られます。つまりは、ヘム鉄を摂取すれば貧血や低血圧などの症状を和らげることができるのです。さらに、ヘム鉄は腸内で吸収される物なので、食品などから摂取するのが効果的だと言えます。

 

鉄分が不足して立ちくらみや貧血が生じている

貧血や低血圧、ならびにそれらによって生じる立ちくらみなどの原因には、様々なものが挙げられます。もともと体質的に血が不足しがちであったり、心的な要因で自律神経の働きが乱れ、血管の収縮機能が低下してしまうために生じていることもあります。

 

しかし、日本人の場合にはこれらによって生じる貧血などと比較をしても、最も割合の多い原因として挙げられるのが鉄不足です。

 

鉄不足による貧血は鉄欠乏性貧血と呼ばれていますが、こちらの場合は鉄分の中でも特にヘム鉄が不足してしまっていることが原因で生じてしまっているのです。

 

ヘム鉄は血を作っている成分で、これが不足すればめまいや動悸、立ちくらみや息切れなどの貧血の症状が見られます。

 

そのため、ヘム鉄を豊富に摂取することが貧血を改善するためには非常に効果的であると言えるでしょう。

 

また、鉄分にはヘム鉄以外にもいくつかの種類があり、それらのバランスを整えることも大切ですが、貧血の改善に置いてはヘム鉄が最も効率的であると言われています。

 

なので、ぜひ貧血に悩んでいるのであれば、ヘム鉄をたくさん含んでいる食品を定期的に摂取できるように心掛けましょう。

ヘム鉄が含まれている食材

ヘム鉄は、肉や魚、卵黄などの動物性の食品に豊富に含まれています。

 

中でもレバーに最も多く含まれていますので、積極的に食べるといいでしょう。

 

レバーは貧血に効果的だとよく言われています。

 

それと同じように野菜類などの中にもホウレンソウや小松菜、ひじきなども貧血に効果的だと言われています。

 

しかし、これらの野菜類は鉄分こそ含まれてはいますが、ヘム鉄ではなく非ヘム鉄と呼ばれる成分です。

 

非ヘム鉄はヘム鉄と比べると吸収率が悪く、鉄分こそたくさん含んではいるもののそのほとんどは吸収されないという特徴があります。

 

逆に言えばヘム鉄は吸収率が高いので、そちらを優先して摂取するように努めた方がいいと言えるでしょう。

 

また、鉄分の吸収量やビタミンCやたんぱく質と一緒に摂取をすると効率的に吸収することができます。

 

また、すっぱい物や辛い物と一緒に摂取をして、胃酸をたくさん分泌させることでも、より効率的に吸収することができるようになります。

 

ただ、その逆の鉄分の吸収を阻害してしまう成分もあります。

 

タンニンと呼ばれるもので、緑茶やコーヒーにたくさん含まれているので、食後などに摂取をするのは止めた方がいいと言えるでしょう。

 

ただ、この担任の吸収阻害効果はヘム鉄ではなく、非ヘム鉄に特に大きく効果を出してしまうものなので、ヘム鉄をたくさん摂取している際には気にしなくてもいいとも言われてはいます。

 

しかし、ヘム鉄を摂取するためには動物性の食品をたくさん食べなくてはならず、それだと他の栄養素がついつい偏りがちになってしまいます。

 

なので、ヘム鉄だけに拘らず非ヘム鉄を含んでいる野菜類などもしっかりと食べて、その他の栄養素にも十分に気を付ける必要があると言えるでしょう。

 

もちろん、食後にタンニンを取りすぎないようにもお気を付け下さい。

サプリメントで摂取をする際に注意すべきこと

なお、ヘム鉄は食品だけではなくサプリメントでも摂取することができます。

 

ヘム鉄のサプリメントは貧血対策として服用している方も多いですし、一粒で摂取することのできる量も多いので、効率を考えるのであればサプリメントの使用も一考しておいても良いでしょう。

 

ただし、サプリメントで摂取をする場合には過剰摂取に気を付けなければなりません。

 

実はヘム鉄には過剰摂取による副作用があるのです。

 

軽い症状では吐き気や下痢などで済みますが、重い症状になると脳や肝臓などの臓器に深刻な影響を与えてしまって、糖尿病や血管の疾患を引き起こしやすくなってしまいます。
ですので、サプリメントの使用の際は用量をしっかりと守って過剰摂取をしないように注意を払いましょう。

 

なお、ヘム鉄の副作用は食品から摂取する場合はあまり考えなくとも結構です。

 

なぜならば、過剰摂取となる40g以上のヘム鉄を摂取するためには、食品の中で最もヘム鉄を含んでいるレバーでさえ200g程度も食べなくてはならず、それ位の量のレバーを毎日食べることは、かなりしんどいからです。

 

過剰摂取をして副作用を出さないためにも、できるだけ食品から摂取をするようにした方が、時間はかかりますが健康にはいいと言えますね。

私の娘は「キリツテイン」を飲むことで起立性調節障害が治りました!

中学2年生の娘は起立性調節障害で朝起きることができませんでした。毎朝頭痛や貧血で体調が悪く、学校を休む日も多かったんです。

 

そこで「キリツテイン」を飲ませたところなんと1カ月後には朝頭痛に悩まなくなりました。

 

あれから3カ月が経ちますが今では学校を休むことなくなりました。

 

私の娘のように起立性調節障害や起立性低血圧の子供をお持ちでしたら「キリツテイン」を試してみてはいかがでしょうか?

 

ああ

 

ああ

関連ページ

体調不良になった中学生の子供が不登校になった体験談
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【中学生】子供の朝起きれない原因と解消法は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます

 
起立性調節障害 起立性低血圧について 朝の頭痛や立ちくらみ 管理者へ質問してみる