子ども 朝起きれない

朝起きれない原因は?

 

あなたのお子さんはこんな症状ありませんか?

 

夜ふかししていないのに朝起きれない

睡眠時間は十分なのに朝起きれない

いつも元気なのに朝に限って頭痛やめまいを訴える

朝はいつも低血圧の症状を訴える

 

中学生になると体の成長がものすごい勢いで発達し始めます。

 

そうなると体の成長と同時に脳や体の内部の自律神経も発達し始めます。

 

特に中学生の女子は男子に比べて成長が早い時期から始まるのでこの時期に自律神経系の症状を訴えるケース(朝の頭痛、朝の低血圧、朝のめまい)が非常に多くなるんです。

 

この中学生ごろの子供がなる症状を起立性調節障害と言います。

 

起立性調節障害になると、たとえ前日の夜に早めに就寝しているのにも関わらず朝になると決まって頭痛やめまいになるので、親にとっては本当なのか少し疑ってしまうことさえあるんです。

 

いつもはすごく元気で何も問題ないと思ってしまうのですが、朝が異常に体調悪いので何か病気なのか?もしくは仮病を使っているのではないかと思ってしまう親御さんもいるようです。

 

うちの娘に限ってそんな病気ではないと思ってしまう気持ちもわかりますが、思春期の子供の実に1割程度はこの症状に悩んでいるのが実態です。

 

あまりにひどい場合は朝起きれず、学校を欠席することが増え、学校に行きにくくなり、そのまま不登校になるケースが問題になっています。

 

親御さんの早い段階でのサポートと理解があれば不登校になる前になんとか学校に行き続けさせることができます。

解決方法は?

 

中学生ごろの朝起きれない症状の解決策

朝風呂に入る(湯船に浸かる)

あったかい飲み物を飲む(体を温める)

寝る前にLーテアニン(脳内でリラックス状態を作る)

 

朝風呂に入る
朝起きれない原因として低血圧が原因としてあります。起立性調節障害になると自律神経系が正常ではなく異常を示すため下半身の血管の収縮運動が正常に行われなくなることがあります。そうなると上半身、脳へ血液を送ることができなくなり結果として低血圧の症状を訴え朝起きれなくなります。

 

そこで朝にあったかい湯船に浸かることで体内の血液の流れを良くすることで低血圧を解消してあげることができます。通常は低血圧の場合には薬を使って血圧を上げてあげることが多いですが、湯船に浸かる方法は薬に頼ることなく自然に血液の循環を行うことができます。

 

あったかい飲み物を飲む(体を温める)
朝起きた時にココアやコーヒーなど温かい飲み物を飲むことで体の中から体が温まり、血液の流れを良くすることで、脳に血液を送ることができるようになります。脳内に血液を送ることができるようになると低血圧の症状が軽減されたり、朝のめまいや頭痛の症状も柔らげることができるでしょう。朝に温かい飲み物を飲んで体を温めることは眠気も覚ますことにもなるので朝眠い子供には非常に効果的だと思います。

 

寝る前にLーテアニンサプリを飲む
Lーテアニンは脳内をリラックスさせる作用がある成分でお茶などに含まれている一種のアミノ酸です。お茶を飲むとリラックスする気持ちになると思いますが、それと一緒の効果があります。副作用なども特段ないので容量などを守れば安心して摂取できます。最近だとLーテアニン成分を強調した快眠サプリなども多く販売されていて快眠できずに悩んでいる人などが多く購入しているようです。

 

私の子供の場合と解消法

私は現在45歳です。中学生の娘がいるのですが半年前から朝になると頭が痛いと言って、朝起きることができなくなっています。

 

最初はただ怠けているだけだと思っていたんですが、娘が言うには本当に朝体の調子が悪くなっ布団から起き上がることすらもできないほど体の調子が悪いんだそうです。

 

そこで心配になり、病院へ行ってみたところ思春期の中学生に多い起立性調節障害だと診断されました。

 

先生が言うにはこの時期の子供の数割は起立性調節障害になっているケースが多いが、大半の親は子供が単に気持ちが弱いことが原因で朝起きれないと思っていることが多いんだそうです。

 

そうなる前に早めに医師の診察を受けることで子供の異常の原因が判明することができます。

 

先生からは体の成長と自律神経系の成長とともに症状も自然に回復していくとのことなので無理に叩き起こすことはしないで体の様子を見ながら優しく起こしてあげるようになりました。

 

血圧が朝とても低いようなので私は娘に朝に温かいミルクを飲ませるようにしています。

 

そうすると徐々に体の調子も良くなって学校に遅刻しないで行けるようになっています。

 

また最近だとキリツテインというサプリも飲ませるようになりました。

 

キリツテインは起立性調節障害の人向けに開発されたサプリです。

 

Lーテアニンが十分に含まれているので朝起きが苦手な子供が飲むことで朝に頭痛やめまいなどの症状を抑えることができるようになっています。

 

子供の朝起きれない症状は単に気持ちの問題と決め付けずに、親も子供の状態をしっかりと理解してあげることが非常に大切だと思います。

私の娘は「キリツテイン」を飲むことで起立性調節障害が治りました!

中学2年生の娘は起立性調節障害で朝起きることができませんでした。毎朝頭痛や貧血で体調が悪く、学校を休む日も多かったんです。

 

そこで「キリツテイン」を飲ませたところなんと1カ月後には朝頭痛に悩まなくなりました。

 

あれから3カ月が経ちますが今では学校を休むことなくなりました。

 

私の娘のように起立性調節障害や起立性低血圧の子供をお持ちでしたら「キリツテイン」を試してみてはいかがでしょうか?

 

ああ

 

ああ

関連ページ

体調不良になった中学生の子供が不登校になった体験談
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【目まいや立ちくらみ】ヘム鉄の効果と含まれている食材とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます

 
起立性調節障害 起立性低血圧について 朝の頭痛や立ちくらみ 管理者へ質問してみる