起立性低血圧 寝不足

なんで寝不足になると起立性低血圧になるの?

起立性低血圧は、寝ている状態もしくは座っている状態から立ち上がった時に、血液が重量に足元に引っ張られてしまったものが、脳へと登らなくなってしまい、一時的に脳への血の巡りが悪くなり酸素が不足して、立ちくらみやめまいなどを生じさせてしまう低血圧の一つです。

 

この起立性低血圧は普通の低血圧とは違って、体質的に低血圧になり易い人もなりにくい人も生じてしまうという特徴があります。

 

それも、明確な原因があるからです。

 

その原因と言うのが自律神経の乱れです。

 

自律神経の乱れはストレスなどによって生じるのですが、この自律神経失調が起立性低血圧を引き起こしてしまうメカニズムとしては、自律神経が乱れて血管の収縮を促進してしまうからです。

 

収縮した血管、いわばそれは血液を通る道が狭まるのと同じことなので、血液が通過し辛くなってしまい、結果として血の巡りが悪くなり低血圧となってしまうのです。

 

また、ストレスを感じていると睡眠の質にも大きな影響を及ぼしてしまいます。

 

何か不安ごとを抱えていると夜になかなか眠れなくなってしまう、ということはよくあると思いますが、これもストレスが原因です。

 

そうして眠れなくなってしまうと、正確なリズムでの睡眠がとれなくなり、朝に起きるのもつらくなったり、日中に眠くなってしまうなどの典型的な寝不足を引き起こしてしまいます。

 

そして、この寝不足がかなり厄介なものなのです。

 

そもそも、私たちの体が睡眠を必要とするかどうかをコントロールしているのは自律神経なのですが、生活のリズムが崩れてしまう、特に睡眠不足になってしまうとこの自律神経は大きく乱れてしまうのです。

 

つまりは、寝不足になってしまうと自律神経失調を引き起こし、それが原因で起立性低血圧を引き起こしてしまう場合があると言えるのです。

 

もちろん、元々ストレスによって起立性低血圧だった方が、睡眠不足になってしまえば、さらに起立性低血圧の症状を悪化させてしまう、という悪循環までも作ってしまうとも言えます。

 

そのため、起立性低血圧を悪化させないためにも、ストレスの改善はもちろんのこと、しっかりとした睡眠を取れるようになることが必要だと言えるでしょう。

快眠の方法とは?

睡眠は自律神経がコントロールをしているものではありますが、私たちが意図的に行動をすることによっても、快眠を得るようにする方法はいくらでもあります。

 

そのコツとしては、体を眠り易い状態にすること、それから眠り易い環境を作ることの二つがあります。次はそれぞれの方法について紹介したいと思います。

 

 

眠り易い状態

まず眠り易い状態ですが、端的に言ってしまえば体をリラックスした状態を作ることが大切です。

 

その方法としては、食事、入浴などによって体温の調節をするのがおすすめです。

 

食事としてはたくさん食べすぎないこと、適量のパンやご飯などをしっかりとよく噛んで食べることです。

 

食事後3時間は胃腸が活発に活動しますので、熟睡をするのは難しいので早めに食べるように注意しましょう。

 

また、寝る直前などにホットミルクやココアを飲んで体温を温めるのもおすすめです。

 

入浴は38度から40度程度のお湯に20分くらい浸かる半身浴がおすすめです。

 

他には寝る前に10分から15分程度の足湯でも効果的です。

 

また、軽くストレッチなどをすることも体温を上昇させて眠り易い状態を作ることができます。

 

他には寝る1時間前には頭を使う勉強や仕事などをしないことも大切です。

 

パソコンやスマホ、テレビのライトも眠気を妨げるので、あまり使わないようにしましょう。

 

眠りに入る前にはあまり多くのことはせずに、クラシックや自然音などを聞いてリラックスするように心掛けるとかなり眠り易くなります。

 

 

眠り易い環境を整える

眠り易い環境としては、温度と音に注意をしましょう。

 

人が眠り易い温度は、夏場は26度から28度、冬場は18度から23度くらいです。

 

就寝の1時間前から2時間後まではこのくらいの温度を維持することができるように空調などを使いましょう。

 

音はとにかく静かにしておいた方がいいです。

 

厚めのカーテンなどをしようして家の外の音があまり聞こえないようにするといいでしょう。

 

また、布団や枕ベッドを自分に合ったものに変えることも大切です。

 

低反発枕やマットなどに変えたり、試行錯誤しながら一番寝やすい環境を作りましょう。

 

また、寝やすい環境を作ることで何よりも大切なことは、生活のリズムを一定にすることです。

 

布団に入る時間や起きる時間だけではなく、食事の時間なども一定にすることによって、体が眠ろうとする時間をコントロールすることが、快眠を取る一つのコツですので、食事などの時間がバラバラになってしまわないように日々の生活で注意を払うこともかなり大切なことだと言えるでしょう。

 

私の娘は「キリツテイン」を飲むことで起立性調節障害が治りました!

中学2年生の娘は起立性調節障害で朝起きることができませんでした。毎朝頭痛や貧血で体調が悪く、学校を休む日も多かったんです。

 

そこで「キリツテイン」を飲ませたところなんと1カ月後には朝頭痛に悩まなくなりました。

 

あれから3カ月が経ちますが今では学校を休むことなくなりました。

 

私の娘のように起立性調節障害や起立性低血圧の子供をお持ちでしたら「キリツテイン」を試してみてはいかがでしょうか?

 

ああ

 

ああ

関連ページ

起立性低血圧と栄養の関係。どんな食事を食べればいいの?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【飲む前に知っておきたい】起立性低血圧とデパスの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で顔面蒼白に?顔色が悪くなる原因は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で学校に行けない娘への正しい接し方
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧が繰り返す理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧とむくみの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で使う薬は?注意や副作用は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で合併症を発症するの?その解決方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧に効果のあるサプリは?中学生でも飲めるのはどれ?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧でヘッドアップ試験をする理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と耳鳴りの関係。どんな関係があるの?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と喘息の関係。その解消法と予防は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧をほっておくと重大な病気になる?今からできる治療法は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
「中学生」起立性低血圧で起きられない?毎朝自然に起きれる方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧のあくびの原因や予防法は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らないと危険?】起立性低血圧と脱水症状の関係とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で汗がでる理由は?それって多汗症かも?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と遺伝の関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧とデプロメールの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【まず読んでおきたい】起立性低血圧は運動療法で改善できる?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧で気絶?その理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【それって危険?】起立性低血圧とお風呂の関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と女性の関係。女性は特に要注意?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます

 
起立性調節障害 起立性低血圧について 朝の頭痛や立ちくらみ 管理者へ質問してみる