起立性低血圧 ほっとく

病院に行かない?起立性低血圧をそのままにしていてもいいの?

起立性低血圧は病気ではありません。

 

あくまでも自律神経の乱れなどによって、一時的に低血圧になってしまうだけのことであり、そのために立ち上がるたびにめまいや立ちくらみなどの諸症状が見られる少し変わった低血圧の一つです。

 

立ちくらみやめまいは一日に何回も生じることはありますが、一時的なものであり、数分も経てば自然に治ります。

 

そのため、めまいや立ちくらみが多少多いからと言って、取り立てて大きな問題ではないと判断して放っておかれる方もたくさんいらっしゃいます。

 

ですが、起立性低血圧をむやみに放っておくことは危険です。

 

例えば、めまいや立ちくらみ以外にも失神をしてしまう場合もあります。

 

失神は立ちくらみやめまいが生じる場合と全く同じときに起こり、確率は低いのですが、予測をすることが難しく、急に気を失ってしまいます。

 

その際に打ち所が悪ければ、命の危険もあり得ます。

 

また、そのような症状以外にも、起立性低血圧、および普通の低血圧の症状によって生じてしまういくつかの病気もありますので、それらに掛かってしまう可能性を考えれば、たかがめまいや立ちくらみを生じさせる程度の特に気にすべき病気ではない、という認識を捨てて、早く治すべきものだと言えるでしょう。

起立性低血圧をほっておくとなってしまう病気は?

起立性低血圧を放っておいて、生じてしまう病気はいくつかありますが、今回はその中から5つを紹介したいと思います。

 

起立性調節障害

まずは起立性調節障害です。

 

こちらは起立性低血圧が生じているとかなり高い確率で併発している恐れがある病気です。

 

起立性調節障害の特徴としては、起立性低血圧の原因でもある自律神経の乱れがさらに悪化してしまい、朝に起きることができなくなったり、午前中にずっと寝たきりになってしまうような自律神経失調の一種です。

 

自律神経の乱れによって立ち上がった際に血液が脳に充分に行届かなくなり、めまいや立ちくらみが生じるという起立性低血圧と全く同じ症状も見られ、それが初期症状であるとも言われています。

 

得に症状を訴えやすいのは学童期から思春期までの子供たちで、子供らが起立性低血圧の症状を訴えるようであれば、注意を払う必要があるでしょう。

 

最近では不登校の大きな原因としても考えられていますので、もしもそのくらいの時期の子供がいるのであれば、子供を不登校にしないためにも、起立性低血圧の症状が生じたら早めの対策をすべきですね。

 

 

甲状腺機能低下

甲状腺機能低下は、血圧の低下によって起こる免疫異常です。

 

甲状腺ホルモンの分泌や作用が低下してしまって怒るのですが、見て分かる症状としては倦怠感や顔や手のむくみ、女性であれば月経不順などの不調が挙げられます。

 

 

心筋梗塞

心臓の活動は、自律神経がつかさどっているのですが、その心臓の筋肉に血液を送り込んでいる冠動脈の動脈硬化が鯨飲で、血流が止まった結果、壊死などが起きてしまう疾患のことを心筋梗塞と言います。

 

壊死範囲と心臓のポンプ機能に使用障害を受けてしまうため、体に血液が遅れなくなり、呼吸こんないや血液の過剰な低下にりょうショック状態になって命に関わります。

 

なので、血圧が低下していれば、こちらの可能性も疑っておいた方がいいでしょう。そのほかにも心臓に関わる病気で血圧の低下を示すものには、狭心症や心筋炎などもありますので、気を付けましょう。

 

 

肺塞栓症

こちらは、肺動脈に血管が詰まって生じてしまう病気です。

 

こちらの原因としては血流の悪さが挙げられますが、血流が悪い人は血圧が低い傾向にあります。血圧は心臓のポンプ機能や自律神経の血管を収縮する機能によってうまく調節されていますが、起立性低血圧になっているとその調節がうまくできなくなってしまい、血圧が下がる、ひいては血流の悪化を引き起こしてしまうのです。

 

こちらがなりやすいのは、いつも同じ姿勢で仕事や勉強をしている人達ですので、適度に体を動かして血行を良くするように心掛ける必要があると言えるでしょう。

 

 

不整脈

最後は不整脈です。

 

不整脈は心拍数が標準値を超えてしまう、もしくは大きく下回ってしまうなどの場合に、心拍動のリズムが不規則になっている状態のことを指します。

 

中でも、大幅に心拍動が増えてしまう頻脈性不整脈や、連続して不規則に早くなる期外収縮と呼ばれる種類の不整脈は、大きな血圧の低下を伴う者であり、血圧が低い方要注意が必要だと言えます。

 

また、不整脈になると血液を十分に体内に回すことができなくなってしまうため、動悸や息苦しさ、寝汗などの自覚症状がでますので、比較的気付きやすくはあります。

 

なお、寝汗などは起立性低血圧における合併症の一つでもありますので、一体どちらの理由で生じているのかをきちんと確かめておいた方がいいでしょう。

 

特に、不整脈の場合にはさらに大きな心臓疾患が隠れている場合がありますので、よく注意をすべきだと言えます。

私の娘は「キリツテイン」を飲むことで起立性調節障害が治りました!

中学2年生の娘は起立性調節障害で朝起きることができませんでした。毎朝頭痛や貧血で体調が悪く、学校を休む日も多かったんです。

 

そこで「キリツテイン」を飲ませたところなんと1カ月後には朝頭痛に悩まなくなりました。

 

あれから3カ月が経ちますが今では学校を休むことなくなりました。

 

私の娘のように起立性調節障害や起立性低血圧の子供をお持ちでしたら「キリツテイン」を試してみてはいかがでしょうか?

 

ああ

 

ああ

関連ページ

起立性低血圧と栄養の関係。どんな食事を食べればいいの?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【飲む前に知っておきたい】起立性低血圧とデパスの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で顔面蒼白に?顔色が悪くなる原因は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で学校に行けない娘への正しい接し方
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧が繰り返す理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧とむくみの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で使う薬は?注意や副作用は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で合併症を発症するの?その解決方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧に効果のあるサプリは?中学生でも飲めるのはどれ?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧でヘッドアップ試験をする理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と耳鳴りの関係。どんな関係があるの?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と喘息の関係。その解消法と予防は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
「中学生」起立性低血圧で起きられない?毎朝自然に起きれる方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
寝不足から起立性低血圧に?寝不足を解消する方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧のあくびの原因や予防法は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らないと危険?】起立性低血圧と脱水症状の関係とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で汗がでる理由は?それって多汗症かも?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と遺伝の関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧とデプロメールの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【まず読んでおきたい】起立性低血圧は運動療法で改善できる?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧で気絶?その理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【それって危険?】起立性低血圧とお風呂の関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と女性の関係。女性は特に要注意?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます

 
起立性調節障害 起立性低血圧について 朝の頭痛や立ちくらみ 管理者へ質問してみる