起立性低血圧 喘息

起立性低血圧と喘息の関係は?

喘息と言えば、子供が良く発症してしまうものですね。

 

そのような場合の喘息の原因はアレルギーが原因となっています。

 

アレルギーは、家の中にある細かいほこりやカビやダニ、ペットの毛などのハウスダストや、壁や天井、床などの住宅建材に使用されている化学物質、さらには食べる物や花粉などに反応して起こります。

 

基本的にはこれらのアレルギー反応が喘息だと言えますし、この喘息で苦しんでいるお子さんもたくさんいらっしゃるでしょう。

 

しかし、喘息にはこのアレルギー反応以外が原因として起こることもあります。

 

特にアレルギーをあまり持っていない子供や、大人が喘息となってしまう場合には、アレルギー以外のことが原因として生じているアレルギーの可能性が高いです。

 

そのようなアレルギーが原因でなく、別の原因で生じている喘息のことを、非アレルギー性の喘息と言います。

 

では、その非アレルギー性の喘息はどういった理由で生じてしまっているのでしょうか。

 

 

自律神経失調

非アレルギー性の喘息が生じる理由として、ストレスやウィルス、疲労や睡眠不足が挙げられます。

 

これらが原因となって喘息が生じるのは、ストレスや睡眠不足などが生じた際に大きく影響が起きてしまう副交感神経と交感神経の乱れ、つまりは自律神経の失調が生じてしまうからです。

 

また、この自律神経失調はその他の身体的な症状を生じさせてしまうことがあり、そのうちの一つが起立性低血圧です。

 

起立性低血圧は立ち上がった際に血液が脳まで行届かなくなってしまうことによって、立ちくらみやめまい、失神などが生じてしまう特殊な低血圧ですが、こちらも自律神経が正確に動かなくなって、血圧の調整ができなくなるために、血液が脳に行届かなくなるのです。

 

非アレルギー性の喘息と起立性低血圧には直接的にどちらかが生じさせてしまう、というような関係性はありませんが、生じる原因が自律神経の失調という点で共通しており、併発してしまう可能性があるという関係性があると言えるでしょう。

 

なお、非アレルギー性の喘息の中には、運動誘発喘息とアスピリン喘息、という者があるのですが、運動誘発喘息は生じる際に一時的に低血圧になったり、アスピリン喘息は血圧を下げる薬を服用することで治すことができるものであり、低血圧とは少し奇妙な縁がありますね。

解消法と予防は?

喘息が生じてしまったときはそれを治すことをまず考えた方がいいでしょう。

 

まず最初に行うことは、病院で検査を受けることです。

 

呼吸機能検査や気道過敏性試験、血液検査や皮膚反応テスト、レントゲン検査などを行って、喘息が引き起こされている原因を突き止めましょう。

 

また、喘息自体は完治させるのが非常に難しい病気です。

 

長い間引き続き症状が現れてしまいますので、長期的に二つのアプローチを行って少しずつ治していくようにする必要があります。

 

その二つのアプローチは、症状を鎮めることと、鎮めた症状を再び発症させないようにコントロールすることです。

 

発症をしないようにするためには、薬剤によって気道の炎症を抑えることなどで、発症が追怒らない正常な呼吸機能を長時間維持できるようにすることです。

 

二つのアプローチを行うためには、発症時に使用する薬と長時期間服用する二つの薬がありますので、そのどちらも併用していく必要があります。

 

また、非アレルギー性の喘息である場合にはストレスを溜めこまないようにすることも大切です。

 

おすすめの方法は軽い運動を取ることです。

 

中でも、ウォーキングやストレッチ、水泳などが推奨される運動です。中でも、水泳は喉の乾燥も防いでくれますので、喘息の対処方法としても高い効果を発揮します。

 

また、自律神経失調によって生じてしまう喘息は、まじめな性格の人が生じやすいと言われています。

 

まじめな性格であるために、ストレスを感じていたとしても我慢してしまうので、喘息や起立性低血圧だけではなく、重度化してしまえばうつ病などになってしまうこともあります。

 

なので、喘息や起立性低血圧が生じてしまったら、うつ病などになってしまう寸前だと思って、しっかりと時間を作ってストレスなどに対して対処をしていくことが必要になると言えるでしょう。

 

特に、手におえないストレスを感じているようであれば、そのストレスからも逃げ出すことも重要ですので、いつまでも溜めこまないように注意しましょう。

予防方法

予防方法としては、アレルギーを感じないようにすること、ストレスを溜めこまないようにすることが挙げられます。

 

アレルギーは部屋の掃除を欠かさないようにしたり、日ごろからマスクを使用するのがいいですね。

 

ストレスは感じたと思ったらすぐにでもできる、簡単な趣味やストレスの解消方法をしっかりと確立していくことが重要でしょう。

私の娘は「キリツテイン」を飲むことで起立性調節障害が治りました!

中学2年生の娘は起立性調節障害で朝起きることができませんでした。毎朝頭痛や貧血で体調が悪く、学校を休む日も多かったんです。

 

そこで「キリツテイン」を飲ませたところなんと1カ月後には朝頭痛に悩まなくなりました。

 

あれから3カ月が経ちますが今では学校を休むことなくなりました。

 

私の娘のように起立性調節障害や起立性低血圧の子供をお持ちでしたら「キリツテイン」を試してみてはいかがでしょうか?

 

ああ

 

ああ

関連ページ

起立性低血圧と栄養の関係。どんな食事を食べればいいの?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【飲む前に知っておきたい】起立性低血圧とデパスの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で顔面蒼白に?顔色が悪くなる原因は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で学校に行けない娘への正しい接し方
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧が繰り返す理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧とむくみの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で使う薬は?注意や副作用は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で合併症を発症するの?その解決方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧に効果のあるサプリは?中学生でも飲めるのはどれ?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧でヘッドアップ試験をする理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と耳鳴りの関係。どんな関係があるの?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧をほっておくと重大な病気になる?今からできる治療法は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
「中学生」起立性低血圧で起きられない?毎朝自然に起きれる方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
寝不足から起立性低血圧に?寝不足を解消する方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧のあくびの原因や予防法は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らないと危険?】起立性低血圧と脱水症状の関係とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で汗がでる理由は?それって多汗症かも?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と遺伝の関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧とデプロメールの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【まず読んでおきたい】起立性低血圧は運動療法で改善できる?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧で気絶?その理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【それって危険?】起立性低血圧とお風呂の関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と女性の関係。女性は特に要注意?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます

 
起立性調節障害 起立性低血圧について 朝の頭痛や立ちくらみ 管理者へ質問してみる