起立性低血圧 耳なり

起立性低血圧になると耳鳴りしやすい?

耳鳴りは様々な耳の病気によっても生じるものではありますが、低血圧になって生じる耳鳴りもあります。

 

もしも、耳に何ら病気が無ければ血圧を測ってみるといいでしょう。

 

そして、血圧が正常値よりも低く、しかもめまいやふらつきなどが生じているのであれば、それは低血圧が原因で生じている耳鳴りだと考えられます。

 

低血圧の中には起立性低血圧というめまいや立ちくらみ、ふらつきなどを立ち上がった時などに生じさせてしまう種類のものがあります。

 

ですが、この起立性低血圧は直接的に耳鳴りを引き起こすことはありません。

 

基本的には起立性低血圧ではない普通の低血圧の場合に耳鳴りが生じることが多いです。

 

ただし、起立性低血圧の原因としては自律神経失調が挙げられるのですが、この自律神経失調が耳鳴りを引き起こしてしまう場合もあります。

 

つまりは、どちらも同じ原因によって生じてしまうことであり、起立性低血圧と耳鳴りが同時に引き起こされてしまうと言う場合もありますので、一概に無関係であるとは言い切れません。

 

とにもかくにも、自律神経失調を引き起こしてしまわないことが起立性低血圧および耳鳴りを防ぐ手立てになりますし、自律神経失調、つまりは自律神経の乱れが生じているような場合であれば、それを正常な動きにできるように整えてあげる必要があると言えるでしょう。

 

特に自律神経はストレスなどの心的な要因や、疲れや睡眠不足などの身体的な要因からも簡単に乱れてしまうことです。

 

しかも、生じるのは簡単であるにも関わらず治すためにはかなりの時間を要してしまいますので、できるだけ早めに対策や解消方法をしっかりと理解して取り組むようにした方がいいと言えるでしょう。

 

予防や対策は?

では、早速予防方法と対策を見ていきましょう。

 

最初にやるべきことは、耳鳴りが生じたら耳鼻科へ行って診察をしてもらうことです。

 

ここで、耳に病気があるかどうかを調べましょう。

 

何も問題が無く、血圧が低いようであれば、その耳鳴りは低血圧によって生じてしまっていると考えられます。

 

耳鳴り自体は薬などでも治すことができます。

 

なお、めまいやふらつきが平時でも生じるようであれば、通常の低血圧です。

 

寝ている状態や座っている状態から立ち上がった時にめまいや立ちくらみを感じるようであれば、起立性低血圧にもなってしまっています。

 

ですので、その原因である自律神経失調が低血圧も耳鳴りも引き起こしてしまっていると言えますので、次は自律神経を復調させるようにしましょう。

 

一番の対策として挙げられることは休養をしっかりと取ることです。

 

体の疲れを癒したり、趣味などに没頭してストレスを一気に解消させていったりするといいでしょう。

 

また、首をゆったりと回したり、首や肩などに蒸しタオルを当てるなどして温めることも非常に効果的です。

 

時間が取れればゆったりとすることもできますが、それが難しいと言う方も多いと思います。それに、例え一日だけ時間をたくさん作ったとしても、その日だけの休養では治ることもありません。

 

なので、できるだけ常日頃から、睡眠、食事、仕事や学習、運動、遊び、そして休養のバランスを取った生活リズムを整えるようにすることも予防や改善のためにはかなり効果的な対策方法となります。
むしろ、この生活リズムのバランスが乱れてしまったがために、体がストレスを感じて自律神経失調を引き起こしてしまっている可能性もありますので、特に優先してこの生活リズムの改善は行った方がいいと言えます

 

具体的な方法としては、毎日6時間から8時間くらいの睡眠をしっかりととることや、3回の食事を正確に取ることです。

 

また、一定の時間に起きることも大切です。

 

休みだからと言って寝すぎてしまうと生活リズムは乱れてしまいますので、毎日同じ時間に寝て、毎日同じ時間に起きられるようにしましょう。

 

さらに朝起きた直後は、自律神経の乱れを効率的に治すチャンスでもあります。

 

例えば、起きた後に日光を浴びたり、ウォーキングなどの軽い運動をすることが自律神経の正常化に効果的な手段です。

 

もちろん、眠ること自体が難しくなっている場合もあります。寝ることはできるけれども途中で起きてしまうような睡眠の質が悪くなっている場合もあるでしょう。

 

そのような場合には、お風呂に入ってから寝るようにしましょう。

 

熱めのお風呂に20分くらい半身浴をして、その後に眠るのが高い質の睡眠を確保するのに非常に効果的な方法です。

 

最後に食事面についてです。

 

食事に関しては栄養素に気を付けましょう。

 

ビタミンB、その中でもビタミンB12が効果的です。

 

アサリやウルメ、サンマやシジミ、筋子やレバーなどに多く含まれています。

 

その他にもビタミンCも自律神経の正常化に役に立ちます。

 

また、ストレスを軽減するためにはカルシウムもおすすめなので、摂取できるようなメニューで食事を取るようにしましょう。

 

私の娘は「キリツテイン」を飲むことで起立性調節障害が治りました!

中学2年生の娘は起立性調節障害で朝起きることができませんでした。毎朝頭痛や貧血で体調が悪く、学校を休む日も多かったんです。

 

そこで「キリツテイン」を飲ませたところなんと1カ月後には朝頭痛に悩まなくなりました。

 

あれから3カ月が経ちますが今では学校を休むことなくなりました。

 

私の娘のように起立性調節障害や起立性低血圧の子供をお持ちでしたら「キリツテイン」を試してみてはいかがでしょうか?

 

ああ

 

ああ

関連ページ

起立性低血圧と栄養の関係。どんな食事を食べればいいの?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【飲む前に知っておきたい】起立性低血圧とデパスの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で顔面蒼白に?顔色が悪くなる原因は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で学校に行けない娘への正しい接し方
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧が繰り返す理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧とむくみの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で使う薬は?注意や副作用は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で合併症を発症するの?その解決方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧に効果のあるサプリは?中学生でも飲めるのはどれ?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧でヘッドアップ試験をする理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と喘息の関係。その解消法と予防は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧をほっておくと重大な病気になる?今からできる治療法は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
「中学生」起立性低血圧で起きられない?毎朝自然に起きれる方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
寝不足から起立性低血圧に?寝不足を解消する方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧のあくびの原因や予防法は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らないと危険?】起立性低血圧と脱水症状の関係とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で汗がでる理由は?それって多汗症かも?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と遺伝の関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧とデプロメールの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【まず読んでおきたい】起立性低血圧は運動療法で改善できる?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧で気絶?その理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【それって危険?】起立性低血圧とお風呂の関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と女性の関係。女性は特に要注意?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます

 
起立性調節障害 起立性低血圧について 朝の頭痛や立ちくらみ 管理者へ質問してみる