起立性低血圧 むくみ

起立性低血圧になると体がむくみやすくなる?その関係は?

低血圧とむくみには確かな因果関係があります。

 

血圧は血液を送る力です。

 

低血圧とはその血液を送る力が弱くなってしまうことであり、血管が収縮したり、血管を送り出すポンプである心臓の働きが血圧の高低を左右しているのですが、当然心臓部から離れていくとその力は弱まります。

 

具体的には、手や足などは比較的血圧が弱くなる部位なのですが、低血圧になってしまうと手足の末端まで血液を送り込む力がかなり弱まってしまいます。

 

手足などはむくみが非常に起きやすい部位ですが、そのような理由があるためにむくみが生じていると言えます。

 

つまりは、低血圧になってしまうと血液循環の力が弱くなってしまい、むくみが生じやすくなってしまうのです。

 

ただし、起立性低血圧とは直接的に関係はありません。

 

起立性低血圧はあくまでも、寝ている状態や座っている状態から立ち上がった時に、立ちくらみやめまいなどを生じさせる少し特殊な低血圧です。

 

低血圧はなりやすい人となりにくい人がいますが、この起立性低血圧はどちらの場合でもなってしまう可能性があるもので、症状から見てもそれが直接むくみを生じさせるとは考えづらいです。

 

もっとも、起立性低血圧を生じさせる原因は自律神経の失調であり、血管の収縮などはこの自律神経がつかさどっているために、血圧を低下させてしまいますから、むくみの遠因となる場合もあります。

 

しかし、どちらかと言えば起立性低血圧よりも普通の低血圧の方がむくみを生じやすいです。

 

もしも、起立性低血圧になっている状態でむくみを感じている場合は、それ以外の理由か、もしくはもともと低血圧であった可能性が高いです。

むくむことで起こる病気は?

むくみによって生じてしまう病気はいくつもあります。

 

しかも、症状が出てくる臓器などの部位は一か所だけではなく、様々な部位で生じてしまうものですので、むくみが起こると様々な病気のリスクを背負っていると思った方がいいでしょう。

 

具体的に挙げていくと、

 

まずは肝臓の病気です。

 

むくみが生じる理由として、肝臓で作られるアルブミンという成分が作られなくなり、そのせいで血管内の水分が維持できなくなり、動脈の水分が血管の外に出やすくなっている可能性があります。

 

次は、腎臓の病気です。

 

腎臓の活動の代表的なものは、体の中の余分な水分を尿として排出させるための濾過作用ですが、むくみが生じてしまっていると、この腎臓が弱くなり、作用があまり働かなくなってしまっているために、余分な水分が体外に排出することができなくなっていることが考えられます。他ならぬ腎臓の大きな疾患だと言えるでしょう。

 

 

次は、血管障害です。

 

血管障害の中でもむくみによって生じてしまう大きな病気としては、閉そく性動脈硬化症という病気です。

 

老廃物が蓄積して血管が詰まってしまっている状態の病気ですが、こちらは血液の水分がかなり血管から出てしまっているので、酷いむくみを生じさせます。

 

特に出やすいのは足元なので、もしも足元のむくみが酷いようであれば、この病気を疑った方がいいでしょう。

 

また、むくみが起きており、皿に痛みを感じるようであれば、特に危険な病気になってしまっている可能性も高いです。

 

一例として挙げると、循環器系の心不全、下肢静脈瘤、肺性心、リンパ浮腫、慢性浮腫、血液や内分泌、代謝の病気としては脚気、慢性甲状腺炎、甲状腺機能低下症、消化器系ではタンパク質漏出性胃腸症、肝硬変、泌尿器科ではネフローゼ症候群、急性腎炎症候群、慢性賢炎症候群などなどがありますので、早めに医療機関で受診することをおすすめします。

むくみの対策と予防は?

むくみの予防や対策としては、まずは栄養素としてタンパク質をしっかりと摂取することです。

 

特に低血圧でむくみを引き起こしているのであれば、タンパク質不足になっている可能性が高いので、しっかりと摂取しましょう。

 

食材から摂る場合は肉や魚、卵や納豆などの大豆製品が非常におすすめです。

 

また、血液の循環量を挙げるためには、下半身の筋肉を増やしたり、ウォーキングやランニングなどの足を使った運動をすることもおすすめです。

 

心臓から血液を送る機能をかなり高めることができますし、さらに言えば起立性低血圧を引き起こしてしまう原因であり、血管の収縮の作用をつかさどる自律神経の活動も正常化させられるので、かなり効果的かつ効率的な改善方法だと言えるでしょう。

 

また、激しい運動でなくとも構いません。

 

特に低血圧の方は激しい運動でさらに低血圧を悪化させてしまう恐れもありますので、軽い運動をするといいでしょう。

 

例えば、ゆっくりと歩いて散歩することや、日々の階段の上り下りでも十分ですので、決して無理をすることなく、低血圧を治して行きながら、むくみを生じさせないように心掛けるといいでしょう。

私の娘は「キリツテイン」を飲むことで起立性調節障害が治りました!

中学2年生の娘は起立性調節障害で朝起きることができませんでした。毎朝頭痛や貧血で体調が悪く、学校を休む日も多かったんです。

 

そこで「キリツテイン」を飲ませたところなんと1カ月後には朝頭痛に悩まなくなりました。

 

あれから3カ月が経ちますが今では学校を休むことなくなりました。

 

私の娘のように起立性調節障害や起立性低血圧の子供をお持ちでしたら「キリツテイン」を試してみてはいかがでしょうか?

 

ああ

 

ああ

関連ページ

起立性低血圧と栄養の関係。どんな食事を食べればいいの?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【飲む前に知っておきたい】起立性低血圧とデパスの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で顔面蒼白に?顔色が悪くなる原因は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で学校に行けない娘への正しい接し方
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧が繰り返す理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で使う薬は?注意や副作用は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で合併症を発症するの?その解決方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧に効果のあるサプリは?中学生でも飲めるのはどれ?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧でヘッドアップ試験をする理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と耳鳴りの関係。どんな関係があるの?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と喘息の関係。その解消法と予防は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧をほっておくと重大な病気になる?今からできる治療法は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
「中学生」起立性低血圧で起きられない?毎朝自然に起きれる方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
寝不足から起立性低血圧に?寝不足を解消する方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧のあくびの原因や予防法は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らないと危険?】起立性低血圧と脱水症状の関係とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で汗がでる理由は?それって多汗症かも?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と遺伝の関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧とデプロメールの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【まず読んでおきたい】起立性低血圧は運動療法で改善できる?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧で気絶?その理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【それって危険?】起立性低血圧とお風呂の関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と女性の関係。女性は特に要注意?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます

 
起立性調節障害 起立性低血圧について 朝の頭痛や立ちくらみ 管理者へ質問してみる