起立性調節障害 合併症

起立性低血圧でどんな合併症を発症する?解消方法は?

起立性低血圧の合併症

起立性低血圧は名前の通り低血圧の一つです。

 

ですが、普通の低血圧が体質や性別などによって生じやすさが変わるものであるのに対し、起立性低血圧は誰でもなる可能性がある特殊な低血圧です。

 

その鍵は自律神経にあります。

 

起立性低血圧はその名の通り、寝ている状態や座っている状態から立ち上がった時に、重力によって足元に落ちてしまった血液が頭に上らなくなるくらいに血圧が下がってしまうものです。

 

本来ならば立ち上がると同時に血圧の調節を行い、頭まで十分に血液を回すことができるはずです。

 

しかし、それができなくなってしまう原因として挙げられるのが、血圧の調節を無意識の元で行う自律神経の活動が乱れてしまっていることにあります。

 

そして、この自律神経は血圧の調節のみならず、様々な体内の活動をつかさどっている神経であり、起立性低血圧になると自律神経の乱れから生じるいくつかの合併症が見られることがあります。

 

 

めまいや立ちくらみ

起立性低血圧は立ち上がった際に血液が頭に上らず、めまいや立ちくらみを引き起こします。

 

体や足元がぐるぐるとまわるように感じる回転性のめまいや、体がふわふわと揺れているように感じる不動性のめまいなどが見られます。

 

めまいや立ちくらみの症状だけであれば起立性低血圧の代表的な症状の一つであり、合併症ではありませんが、めまいや立ちくらみが酷い場合には失神をしてしまう恐れもあります。

 

そのため、立ち上がった直後に失神してしまい、頭を打ってしまったり、骨折をしてしまう恐れがありますので非常に危険です。

 

また、めまいや立ちくらみは一日に何度も生じる場合もあり、その度に症状が悪化し易いものでもあります。

 

一応は数分で症状は治りますので、もしもめまいや立ちくらみが生じるようであれば、立ち上がってからはしばらく動かないようにしたり、しゃがみ込むなどをして失神して大けがをしてしまうことへの対処が必要でしょう。

 

 

体温調節が困難になる

自律神経の作用の中に、体温調節があります。

 

暑さを感じれば汗をかくことなどが代表的な作用ですが、この自律神経に乱れが生じると、多汗症や寝汗などの過剰な発汗作用が起こることがあります。

 

こちらは起立性手血圧の合併症と言っていいでしょう。

 

汗がたくさん出てしまうことを抑えるためにも、入浴などをしたり、室温や温度の調節をきちんと行って、適切な温度での生活を心がければ、自然と自律神経が正常化していきます。

 

体の温度調節ができない場合、私たちが意識的に自分たちのいる環境の温度を管理する必要があると言えるでしょう。

 

 

寝起きの悪さと起立性調節障害

自律神経の作用の中に、睡眠に関わるものがあります。

 

生活のリズムとはよく耳にしますが、いつもの時間に眠くなったり、毎朝同じ時間に起きられるようになるのは、この自律神経の働きによるところが大きいです。

 

ですが、自律神経に乱れが生じてしまうと同じ時間に起きられなくなってしまったり、夜中に眠れなくなってしまうことがあります。

 

さらには、それらの生活リズムが乱れてしまうことによって自律神経の悪化を加速させてしまう場合があり、典型的な自律神経失調を引き起こしてしまうことがあります。

 

特に、思春期頃までの年齢であれば、まだ自律神経が十分に発達していないために、午前中にだけ体が全く動かなくなってしまう、起立性調節障害を引き起こしてしまうこともあります。

起立性低血圧による合併症の解消方法

合併症も含めて、全ての鍵を握っているのは自律神経です。

 

この自律神経の乱れを解消することができれば、起立性低血圧は自然と解消され、その他の合併症も出なくなることでしょう。

 

なので、とにもかくにも自律神経を正常化するための方法を知って、実践することが何よりも大切だと言えます。

 

まず真っ先に挙げられるのが、生活リズムの改善です。

 

いつもと同じ時間に眠る、夜更かしをしないことが特に大切です。

 

それでも起立性低血圧の症状が見られるのであれば、朝に日光を浴びること、運動をすること、入浴や足湯などで体をリラックスさせた状態にすることも、自律神経を正常化させていくためには非常に効果的な事です。

 

また、これ以上自律神経を乱れさせてしまわないことも重要ですね。

 

自律神経の乱れは、生活リズムの悪化以外にも原因があります。

 

それはストレスです。

 

むしろ、自律神経失調はこのストレスによって生じてしまうケースが最も多いと指摘されています。

 

そのため、常日頃からストレスを感じないようにすること、ストレスを感じたとしても溜めこまないようにすることが重要です。

 

趣味などを持って、思いっきり楽しみストレスを解消していくだけでも、次第に起立性手血圧の改善の兆しが見えてくることもありますので、ストレスの解消をしつつも、上記に挙げたような体をリラックスさせていく方法を取れば、早期に治すこともできるでしょう。

私の娘は「キリツテイン」を飲むことで起立性調節障害が治りました!

中学2年生の娘は起立性調節障害で朝起きることができませんでした。毎朝頭痛や貧血で体調が悪く、学校を休む日も多かったんです。

 

そこで「キリツテイン」を飲ませたところなんと1カ月後には朝頭痛に悩まなくなりました。

 

あれから3カ月が経ちますが今では学校を休むことなくなりました。

 

私の娘のように起立性調節障害や起立性低血圧の子供をお持ちでしたら「キリツテイン」を試してみてはいかがでしょうか?

 

ああ

 

ああ

関連ページ

起立性低血圧と栄養の関係。どんな食事を食べればいいの?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【飲む前に知っておきたい】起立性低血圧とデパスの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で顔面蒼白に?顔色が悪くなる原因は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で学校に行けない娘への正しい接し方
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧が繰り返す理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧とむくみの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で使う薬は?注意や副作用は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧に効果のあるサプリは?中学生でも飲めるのはどれ?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧でヘッドアップ試験をする理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と耳鳴りの関係。どんな関係があるの?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と喘息の関係。その解消法と予防は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧をほっておくと重大な病気になる?今からできる治療法は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
「中学生」起立性低血圧で起きられない?毎朝自然に起きれる方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
寝不足から起立性低血圧に?寝不足を解消する方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧のあくびの原因や予防法は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らないと危険?】起立性低血圧と脱水症状の関係とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で汗がでる理由は?それって多汗症かも?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と遺伝の関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧とデプロメールの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【まず読んでおきたい】起立性低血圧は運動療法で改善できる?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧で気絶?その理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【それって危険?】起立性低血圧とお風呂の関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と女性の関係。女性は特に要注意?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます

 
起立性調節障害 起立性低血圧について 朝の頭痛や立ちくらみ 管理者へ質問してみる