起立性低血圧 運動療法

起立性低血圧になぜ運動が効果的なのか

起立性低血圧になってしまった際に、その改善方法として第一に挙げられる方法が運動です。

 

適度な運動をすることは実際にかなり効果的です。

 

特に起立性低血圧になってしまう方の多くは運動不足になっていることが良くあります。

 

そもそも、起立性低血圧がなぜ生じてしまうのかと言えば、自律神経の乱れが影響しています。

 

起立性低血圧は血圧の調整が上手くいかなくなってしまった結果、立ち上がった際などに脳に血液が昇りにくくなってしまい、脳に酸素が行届かなくなり、立ちくらみやめまいなどを生じさせてしまうものです。

 

それと運動がどのように関係しているのでしょうか。

 

それは運動をすることによって自律神経の、交感神経と副交感神経が活発に動くようになるからです。

 

特に交感神経は体中を巡る血液の流れをつかさどっている自律神経で、こちらが活発に活動するようになれば、自然と血液の流れを活発化させることに繋がり、血圧が上昇して起立性低血圧の改善に繋がると言うメカニズムがあるのです。

 

副交感神経は汗などを発生させるものであり、こちらも運動をすればより活動しやすくなりますので、どちらにとっても非常に効果的なものだと言えるでしょう。

 

また、自律神経の乱れ自体は、ストレスによって生じることがほとんどです。

 

なので、ストレスを溜めこまないために、ストレス解消のためにも運動を取り入れることは非常に効果的だと言えるのです。

 

以上のことからも、起立性低血圧を改善するためにいかに運動が効果的であるか、ということが分かりますね。

 

基本的にはどのような運動でも構いませんが、効率よく起立性低血圧を治すおすすめの運動がありますので、次はそちらを紹介したいと思います。

おすすめの運動方法は?

おすすめの運動方法として挙げられるのは、ウォーキングやスクワットです。

 

なぜ、この二つがおすすめの運動方法として挙げられるのかと言うと、両方とも共通している足を動かす運動である、と言う点に着目すると分かります。

 

足、つまりは下半身を動かすことによって、下半身の筋肉が鍛えられます。

 

下半身は心臓から最も遠い位置にあり、基本的に人間は立っている事が多いので、足に血液が溜まり易くなっています。

 

ですが、溜まってしまってはいけないので、足は筋肉を使ってポンプのように血液を心臓、ひいては頭の方へと押し上げる役割をもっているのです。

 

ですが、起立性低血圧になっている方、もしくはそれ以外の低血圧になっている方には、この下半身の筋肉がかなり衰えてしまっていることがあり、筋力が弱いと低血圧になってしまいやすいと言えるのです。

 

逆に言えば、下半身の筋力を鍛えればポンプの役割がより強くなり、血液が心臓や頭に上り易くなって起立性低血圧の改善により近づいて行くと言えるのです。

 

中でもウォーキングは毎朝行えることですし、体もそこまで疲れませんから非常に効果的です。

 

ウォーキングを常日頃から取り入れている人は起立性低血圧にもなりにくく、予防方法としてもかなりおすすめだと言えますね。

 

なお、その他にもおすすめの運動として挙げられるものにはラジオ体操もあります。

 

実はラジオ体操は体全体を使っているかなりいい運動です。

 

下半身の筋肉だけではなく、それ以外も鍛えることができ、運動不足を解消するのにはこれ以上に無い程に適しているので、こちらを取り入れてもいいでしょう。

 

また、運動をする際に毎朝行うとより効率的です。

 

自律神経は生活リズムを整えたり、日光を浴びることによっても正常に動くようになりますから、朝の早起きを習慣として取り入れるという行為自体にも非常に効率的な要因があるのです。

 

 

急な運動は危険!

スクワットがいい、もしくは足の筋肉を鍛えるのだから、マラソンぐらいは行った方がいい、と思われる方もいらっしゃるでしょう。

 

もちろん、スクワットも負荷をかけながら行えばより高い効果が得られますし、マラソンも悪くはありません。

 

しかし、まだほとんど運動をしていないと言う方がいきなり行うのには反対です。

 

その理由としては二つあります。

 

まずは、激しい運動は急激に血圧を上昇させてしまうので、一気に上がった血圧が運動後に元に戻ろうとしてしまうために、急激な血圧の低下、さらには運動後低血圧を起こしてしまいかねないことが挙げられます。

 

そもそも低血圧になりやすい人はあまり激しい運動ができないと思いますので、まずはゆったりとした運動から始めるのがベストだと言えるでしょう。

 

そして、もう一つの理由が継続して行い辛いからです。

 

運動不足が一回の運動で改善しないことと同じように、自律神経も一回の運動で改善されるわけがありません。

 

なので、継続的に行う必要があるのですが、辛い運動を続けようとすると疲れが取れなくなったり、運動をすること自体にストレスを感じてしまうようになるので、これでは元も子もありません。

 

なので、継続的に行うためにも軽めの運動から初めて行くのが分なんだと言えるのです。

私の娘は「キリツテイン」を飲むことで起立性調節障害が治りました!

中学2年生の娘は起立性調節障害で朝起きることができませんでした。毎朝頭痛や貧血で体調が悪く、学校を休む日も多かったんです。

 

そこで「キリツテイン」を飲ませたところなんと1カ月後には朝頭痛に悩まなくなりました。

 

あれから3カ月が経ちますが今では学校を休むことなくなりました。

 

私の娘のように起立性調節障害や起立性低血圧の子供をお持ちでしたら「キリツテイン」を試してみてはいかがでしょうか?

 

ああ

 

ああ

関連ページ

起立性低血圧と栄養の関係。どんな食事を食べればいいの?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【飲む前に知っておきたい】起立性低血圧とデパスの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で顔面蒼白に?顔色が悪くなる原因は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で学校に行けない娘への正しい接し方
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧が繰り返す理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧とむくみの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で使う薬は?注意や副作用は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で合併症を発症するの?その解決方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧に効果のあるサプリは?中学生でも飲めるのはどれ?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧でヘッドアップ試験をする理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と耳鳴りの関係。どんな関係があるの?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と喘息の関係。その解消法と予防は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧をほっておくと重大な病気になる?今からできる治療法は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
「中学生」起立性低血圧で起きられない?毎朝自然に起きれる方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
寝不足から起立性低血圧に?寝不足を解消する方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧のあくびの原因や予防法は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らないと危険?】起立性低血圧と脱水症状の関係とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で汗がでる理由は?それって多汗症かも?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と遺伝の関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧とデプロメールの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧で気絶?その理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【それって危険?】起立性低血圧とお風呂の関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と女性の関係。女性は特に要注意?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます

 
起立性調節障害 起立性低血圧について 朝の頭痛や立ちくらみ 管理者へ質問してみる