起立性低血圧 気絶

起立性低血圧で気絶をしてしまう理由とは?

気絶とは気を失うことです。

 

気絶は失神とも言い、多い時間の意識の喪失を指す言葉です。

 

なお、長時間の場合は意識不明となり、全くの別物です。

 

ただ、実際に失神をしてしまった方はそこまで多くはないと思います。

 

普通の人であればよっぽど無理をしないと起きている間に失神をすることはほとんどないでしょう。

 

ただし、失神をしてしまう可能性のある症状があります。

 

それが起立性低血圧です。

 

起立性低血圧とは、低血圧の一種で寝ている状態から起き上った時、座っている状態から立ち上がった時などに起こるものです。

 

その際には血液が足の方へと落ちて、脳へと戻る作用が上手く働かなくなっている状態になってしまうのです。

 

このようなことが起きるのは、血管の働きをつかさどっている自律神経の働きが鈍くなっていることが挙げられます。

 

この起立性低血圧は脳に血液が行届かず、十分に酸素が運ばれないことによって様々な症状を発症させてしまうのですが、その中の一つに失神があるのです。

 

ただし、基本的な症状は立ちくらみやめまいくらいであり、実際に失神をしてしまうことはほとんどないでしょう。

 

また、失神も長時間は続かずに数分だけなので、そこまで大きな問題として考えない方も多いかもしれません。

 

ですが、失神をしてしまった際に、頭を強く強打してしまったり、頭だけでなく体のどこかしらをぶつけて怪我をしてしまうことも考えられるので、かなり危険です。

 

寝ている状態から起きた時にはそこまで問題はないかもしれませんが、起立性低血圧は椅子から立ち上がった時にも起こり得るものです。

 

しかも、一日に一回だけではなく、それらの行動をした際に何度も何度も起きる場合があります。

 

もちろん、必ず失神をすると言う訳ではありませんが、もしもそのうちの一回だけでも失神をしてしまうと、椅子に頭をぶつけてしまうことも考えられます。

 

何にもどこもぶつけることが無くとも、人のいる場所で症状が出れば騒ぎにもなるでしょう。なので、できるだけこのような症状が出ないようにきちんと起立性低血圧を治すようにすることをおすすめします。

 

起こり易いかどうか

なお、上述した通り起立性低血圧における失神は、あくまでも症状の一つです。

 

その上確立自体もそこまで高くはありません。むしろ多いのは立ちくらみはめまいです。

 

しかし、絶対に失神をしないとは限りませんし、

 

上述した通りのトラブルの元になってしまうかもしれません。

 

なので、失神をしなくともめまいや立ちくらみが起きてしまった場合には、もしかしたらいつかは失神をしてしまうかもしれない、という前兆のようなものだと思って、対処をするように心掛けた方が良いでしょう

気絶しないためにも注意すべき点

気絶しないためにも、まずは起立性低血圧化どうかを知りましょう。

 

診察を受けるのが最も適切な手段です。

 

特に立ち上がった際に立ちくらみやめまいが生じるようでは、起立性低血圧である恐れがかなり強いので、注意が必要です。

 

あくまでも、失神をしてしまうのは可能性が低く、よほどひどい場合でなければないとは思いますが、予防をするつもりでしっかりと対処をしましょう。

 

少なくとも自分自身に失神をしてしまう危機が迫っていると考えて、早い段階で対策を取るようにするのがベストです。

 

その対策の方法ですが、自律神経の失調を起こさないように心掛けることです。

 

そのための応報としては、運動や生活リズムを正すことなどが挙げられます。

 

運動は軽いウォーキング程度でも構いません。

 

特に朝に習慣としてウォーキングを取り入れると日光を浴びることによっても自律神経の乱れが正常化される作用も相まって、生活リズムを正すこともできますので、非常におすすめです。

 

ただ、自律神経失調が生じてしまう一番大きな理由として挙げられることにストレスがあります。

 

ストレスは子供であっても、大人であっても非常に感じやすい世の中になってしまっており、自律神経失調になってしまう方が大人も子供にも関わらず増えてしまっているのです。

 

ストレスを感じない、ということははっきり言って無理なことですが、ストレスをため込んで長時間苦しめられることからは解放される方法があります。

 

ストレスを解消するように自身の趣味を楽しんだり、リラックスをしたりしてストレスの原因から離れましょう。

 

また、子供の場合には起立性低血圧によって学校に行けなくなってしまうことがあります。

 

無理やりに行かせるとストレスになることもありますし、起立性低血圧ならば失神をしてしまう可能性が無いわけではないので、大きな怪我や問題に発生することも考えられます。

 

不登校は良いこととは言い難いですが、少なくともストレスから離れると言う意味ではかなり適切な手段とも言えますので、お子さんがいらっしゃって、起立性低血圧に悩まされているようであれば、ストレスから逃れられるように多少は目を瞑ってあげてもいいでしょう。

私の娘は「キリツテイン」を飲むことで起立性調節障害が治りました!

中学2年生の娘は起立性調節障害で朝起きることができませんでした。毎朝頭痛や貧血で体調が悪く、学校を休む日も多かったんです。

 

そこで「キリツテイン」を飲ませたところなんと1カ月後には朝頭痛に悩まなくなりました。

 

あれから3カ月が経ちますが今では学校を休むことなくなりました。

 

私の娘のように起立性調節障害や起立性低血圧の子供をお持ちでしたら「キリツテイン」を試してみてはいかがでしょうか?

 

ああ

 

ああ

関連ページ

起立性低血圧と栄養の関係。どんな食事を食べればいいの?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【飲む前に知っておきたい】起立性低血圧とデパスの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で顔面蒼白に?顔色が悪くなる原因は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で学校に行けない娘への正しい接し方
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧が繰り返す理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧とむくみの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で使う薬は?注意や副作用は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で合併症を発症するの?その解決方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧に効果のあるサプリは?中学生でも飲めるのはどれ?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧でヘッドアップ試験をする理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と耳鳴りの関係。どんな関係があるの?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と喘息の関係。その解消法と予防は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧をほっておくと重大な病気になる?今からできる治療法は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
「中学生」起立性低血圧で起きられない?毎朝自然に起きれる方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
寝不足から起立性低血圧に?寝不足を解消する方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧のあくびの原因や予防法は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らないと危険?】起立性低血圧と脱水症状の関係とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で汗がでる理由は?それって多汗症かも?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と遺伝の関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧とデプロメールの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【まず読んでおきたい】起立性低血圧は運動療法で改善できる?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【それって危険?】起立性低血圧とお風呂の関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と女性の関係。女性は特に要注意?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます

 
起立性調節障害 起立性低血圧について 朝の頭痛や立ちくらみ 管理者へ質問してみる