起立性低血圧 デパス

デパスとは何か

デパスとは、成分名をエチゾラムという薬です。

 

分類としては、ベンゾジアゼピン系とされています。

 

ベンゾジアゼピンという名前を聞いたことがある方も多いと思いますが、ベンゾジアゼピン系は高い抗不安作用のある抗うつ剤などとして使われている薬であり、その一種であるデパスにも、高い抗不安作用があります。

 

また、デパスは抗不安作用以外にも複数の効能があり、その効能の多さから万能薬とも呼ばれています。日本でも長い間使われている薬で、今現在でも使用している方は多数いらっしゃいます。

 

なお、デパスが使用される代表的な症状としては、神経症による不安、抑うつ、うつ病、神経衰弱、睡眠障害、高血圧症、胃や十二指腸潰瘍における身体症候、統合失調症における睡眠障害や、緊張、首や腰の痛みなどです。

 

これだけを見ればよく分かるかと思いますが、抗不安作用だけではなく、その不安によって身体に現れるさまざまな症状に対しても効果的に作用するのです。

 

これほどにまで多くの症状に効果があるのであれば、万能薬と言われるのも無理はないでしょう。ただし、デパスには一つだけ注意点があります。

 

それは副作用に関することです。

デパスに副作用はあるのか

ああ

 

デパスには副作用があります。

 

筋弛緩作用や睡眠作用から感じるふらつき、それによる転倒や骨折などが生じる恐れがあること、これらが副作用としては挙げられるでしょう。

 

ただ、これはあくまでも表面的に症状として出てくる副作用です。

 

さらにもう一つ忘れてはならない副作用があります。

 

それは、高い依存性です。

 

デパスは上記に挙げた通り様々な効果があります。

 

しかも、効果が複数あるだけではなく、どれもこれも非常に高い効果を発揮するほどに強力な薬でもあるのです。

 

そのため、一度使用するだけでもかなり気分が楽になります。

 

もちろん効果が高いことは決して悪い事ではありませんが、使用した後の効果が薄れていくと、また薬を使わなければならなくなります。

 

そうして、何度も何度も使用していくうちに、デパスが無ければ延々と不安が続く、というような状態に陥り易く、依存してしまい易いのです。

 

それに加えて、薬の効果が薄れていく半減期が非常に短いために、短いスパンで何度も薬を使用する必要があり、依存症にかなりなり易いのです。

 

デパスも薬でそれなりに高いですし、上記に挙げたような副作用も出ますから、ある程度症状が緩和しているのであれば、デパスの使用をやめることも考えなければならなくなります。

 

ですが、デパスの使用をやめた時にも副作用が出ることがあるのです。

 

イライラ、不眠症、耳鳴り、吐き気などです。

 

これらは薬による副作用と言うよりは、薬を使わなくなったために生じてしまう体調不良です。

 

このような症状も出てしまうこともデパスの依存性を高めるきっかけとなってしまっています。

 

以上のことからデパスはかなり強い薬ではありますが、副作用などのリスクが非常に高く、依存性もかなり強い者になっている薬でもあると言えます。

デパスは起立性低血圧に効果があると言えるのか

では、このデパスは起立影低血圧には効果がある薬なのでしょうか。

 

起立性低血圧がどのような症状を引き起こす低血圧かの説明は省きますが、この起立性低血圧はストレスなどによって生じる自律神経失調がその大きな原因です。

 

つまりは、自律神経の活動を正常化させる作用があるか、ストレスなどを軽減することができる作用があれば、起立性低血圧に効果のある薬と言うことができるでしょう。

 

デパスの場合はどうでしょうか。

 

上述した作用の中では触れてはいませんが、デパスには自律神経を正常化させる働きがあります。

 

そのため、自律神経失調を治す可能性があるという点はクリアしていると言えるでしょう。

 

そして、ストレスに関してですが自分自身がストレスを感じている理由として、日々の生活の中での不安がある、というのであれば、不安を感じなくなるためにストレスを軽減することは可能でしょう。

 

そのために、ストレスの緩和という意味でも起立性低血圧に効果があると言えます。

 

以上の事から、デパスは起立性低血圧に効果のある薬と言っても大丈夫、と思われるかもしれませんが、それは少し短絡的過ぎな結論です。

 

もちろん、自律神経の正常化に効果はありますが、このような作用は別の薬でもあります。また、ストレスを緩和させることができるかもしれませんが、ストレス以外が原因となっている場合もありますから、効果が無いことも考えられます。

 

それに加えて、上記に挙げた通りの副作用のリスクが非常に高くなっていますし、なによりもデパスは高血圧などにも使われる薬で、低血圧を引き起こす可能性もあるのです。

 

それらの観点から考えると、デパスはあまりにもリスクが高すぎて、起立性低血圧を治すために使うということにはあまり向いていないと言えるのです。

 

なので、もしも起立性低血圧を治そうと思うのであれば、別の薬を当たって見た方がいいでしょう。

 

私の娘は「キリツテイン」を飲むことで起立性調節障害が治りました!

中学2年生の娘は起立性調節障害で朝起きることができませんでした。毎朝頭痛や貧血で体調が悪く、学校を休む日も多かったんです。

 

そこで「キリツテイン」を飲ませたところなんと1カ月後には朝頭痛に悩まなくなりました。

 

あれから3カ月が経ちますが今では学校を休むことなくなりました。

 

私の娘のように起立性調節障害や起立性低血圧の子供をお持ちでしたら「キリツテイン」を試してみてはいかがでしょうか?

 

ああ

 

ああ

関連ページ

起立性低血圧と栄養の関係。どんな食事を食べればいいの?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で顔面蒼白に?顔色が悪くなる原因は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で学校に行けない娘への正しい接し方
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧が繰り返す理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧とむくみの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で使う薬は?注意や副作用は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で合併症を発症するの?その解決方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧に効果のあるサプリは?中学生でも飲めるのはどれ?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧でヘッドアップ試験をする理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と耳鳴りの関係。どんな関係があるの?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と喘息の関係。その解消法と予防は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧をほっておくと重大な病気になる?今からできる治療法は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
「中学生」起立性低血圧で起きられない?毎朝自然に起きれる方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
寝不足から起立性低血圧に?寝不足を解消する方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧のあくびの原因や予防法は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らないと危険?】起立性低血圧と脱水症状の関係とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で汗がでる理由は?それって多汗症かも?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と遺伝の関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧とデプロメールの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【まず読んでおきたい】起立性低血圧は運動療法で改善できる?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧で気絶?その理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【それって危険?】起立性低血圧とお風呂の関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と女性の関係。女性は特に要注意?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます

 
起立性調節障害 起立性低血圧について 朝の頭痛や立ちくらみ 管理者へ質問してみる