起立性低血圧 多汗症 汗

起立性低血圧によって汗が出る理由とは

貧血は特に女性に多い悩みの一つです。

 

貧血になる方の多くが低血圧になっており、低血圧が原因で貧血が起こってしまうと考えて間違いありません。

 

低血圧によって貧血が生じてしまうと、頭がくらくらとし、めまいが生じてしまうことが良くあります。

 

子供の頃などに学校の朝礼などでめまいや立ちくらみを生じて倒れてしまった人も多いのではないでしょうか。

 

ですが、貧血の中には大量の汗を伴ってしまうことがあります。

 

汗が大量に出ており、その上で貧血の症状が見られるということが良くありますが、このような場合には普通の貧血とは違います。

 

こちらは脳貧血と呼ばれるもので、その別名が起立性低血圧です。

 

通常の貧血の場合は、血液の成分が欠乏することによって生じることがほとんどです。

 

鉄分不足や水分不足などで生じて、血液が足りなくなった結果、低血圧になり貧血が生じると言うのが主なメカニズムとなっています。

 

ですが、起立性低血圧の場合は違います。

 

もちろん、血液の量自体が少なくなっていればそれだけ生じてしまい易いものではありますが、横になった状態から立ち上がった際などに、血液が重力によって足の方に落ちて行き、頭に血液が昇らなくなって生じるものなのです。

 

なので、朝起きた際などに立ちくらみやめまいなどが特に生じやすいです。

 

普通であれば、立ち上がった時などに重力によって血液が頭に上りにくくならないようになっているはずです。

 

その調節は血圧が行っているのですが、この血圧の活動は自律神経によって制御されています。

 

そのため起立性低血圧は自律神経失調によって生じていると考えられます。

 

自律神経失調、自律神経の乱れが起きてしまう理由としては様々なものが挙げられます。

 

自律神経が未熟であること、睡眠不足や栄養不足であることもあります。

 

ただ、代表的なものとしては疲れやストレスが最も多い理由となっています。

 

特にストレスは、脳内でストレスホルモンが分泌されるのですが、このストレスホルモンは分泌されるだけで自律神経を乱してしまうものであり、これによって自律神経が正常に働かなくなり、起立性低血圧が生じてしまい易くなってしまいます。

 

起立性低血圧がなぜ発生するのか、と言うことは分かりましたが、ではなぜ汗が出てしまうのでしょうか。

なぜ汗が出るのか?

そもそも、汗には副交感神経を刺激することによって、気持ちを落ち着けるという作用があります。

 

そして、汗を発生させるのはもう一方の自律神経である交感神経の働きです。

 

脳に血液が不足し、体が緊張状態にあると勝手に交感神経が判断することによって、交感神経は副交感神経を刺激しなければならないとし、汗を大量に発生させるというメカニズムになっています。

 

こちらの作用は緊張状態にあるときにたくさん汗が発生するのとほとんど同じですね。

 

なので、正直なことを言ってしまえば汗が大量に出る、ということ自体は決して悪い事ではありません。

 

副交感神経を刺激してくれますので、自律神経のバランスを整えるような効果もあります。

 

ただ、交感神経自体がおかしな働きをしていることには変わりありませんので、自律神経を正常化させるようにしなければ、起立性低血圧自体も治らないでしょう。

どうやって予防すればいいのか

起立性低血圧を予防するためには、自律神経を正常化させるようにすることが第一の対策として挙げられます。

 

具体的には生活リズムを整えることが挙げられます。

 

例えば、夜更かしをしない、朝にきちんと起きて日光を浴びるなどすれば、自律神経は正常に活動するようになります。

 

また、自律神経は運動をすることによっても活発に活動させられるようになります。

 

特に下半身の筋肉を鍛えるようなスクワットやウォーキングなどをすると、血圧を上昇させられるようにもなりますので、いち早く起立性低血圧を治すのに適していますし、日常的に行っていれば、そうそう起立性低血圧になることはないでしょう。

 

ただ、直接的な原因としてストレスや疲れを感じることも挙げられますので、ストレスを溜めないようにすること、もしくはストレスを発散することのできることを行うようにしましょう。

 

運動は特にストレス解消に向いていますので、何かしらのスポーツをするのもいいでしょう。

 

ただ、運動のし過ぎはストレスや疲れを助長させることにもなりかねませんので、適度な運動をするように心掛けましょう。

 

なお、汗が大量に出てしまうと体中から水分が大量に失われます。

 

水分が不足すると血圧も自然と低下してしまいますので、汗をたくさんかくのであれば、水分補給を十分に行いましょう。

 

だいたい1日で1.5リットルくらいを補給するのがベストです。

 

それだけでも自律神経をある程度は正常化させることもできますので、水分補給もかなり重要だと言えるでしょう。

 

以上のことに気を付けて、起立性低血圧にならないように予防しましょう。

 

私の娘は「キリツテイン」を飲むことで起立性調節障害が治りました!

中学2年生の娘は起立性調節障害で朝起きることができませんでした。毎朝頭痛や貧血で体調が悪く、学校を休む日も多かったんです。

 

そこで「キリツテイン」を飲ませたところなんと1カ月後には朝頭痛に悩まなくなりました。

 

あれから3カ月が経ちますが今では学校を休むことなくなりました。

 

私の娘のように起立性調節障害や起立性低血圧の子供をお持ちでしたら「キリツテイン」を試してみてはいかがでしょうか?

 

ああ

 

ああ

関連ページ

起立性低血圧と栄養の関係。どんな食事を食べればいいの?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【飲む前に知っておきたい】起立性低血圧とデパスの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で顔面蒼白に?顔色が悪くなる原因は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で学校に行けない娘への正しい接し方
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧が繰り返す理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧とむくみの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で使う薬は?注意や副作用は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で合併症を発症するの?その解決方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧に効果のあるサプリは?中学生でも飲めるのはどれ?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧でヘッドアップ試験をする理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と耳鳴りの関係。どんな関係があるの?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と喘息の関係。その解消法と予防は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧をほっておくと重大な病気になる?今からできる治療法は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
「中学生」起立性低血圧で起きられない?毎朝自然に起きれる方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
寝不足から起立性低血圧に?寝不足を解消する方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧のあくびの原因や予防法は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らないと危険?】起立性低血圧と脱水症状の関係とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と遺伝の関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧とデプロメールの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【まず読んでおきたい】起立性低血圧は運動療法で改善できる?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧で気絶?その理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【それって危険?】起立性低血圧とお風呂の関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と女性の関係。女性は特に要注意?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます

 
起立性調節障害 起立性低血圧について 朝の頭痛や立ちくらみ 管理者へ質問してみる