起立性低血圧 ヘッドアップ試験

起立性低血圧の際にヘッドアップ試験をする理由

ヘッドアップ試験とは、行う理由とは

ヘッドアップ試験と言う名前はほとんど聞いたことが無いかと思います。

 

ヘッドアップ試験は、ヘッドアップチルトとも呼ばれており、失神などを起こした際によく行われる検査試験の一つです。

 

失神をしてしまう理由は非常にたくさんあるのですが、その失神がなぜ起こったのかという原因を探るためにこのヘッドアップ試験が行われるのです。

 

ただ、ヘッドアップ試験は一種類の原因を判明させることのみが可能になっています。

 

ヘッドアップ試験によって判明する失神の原因は自律神経の調節異常、つまりは起立性低血圧によって失神をしてしまった場合になります。

 

つまりは、起立性低血圧によって失神してしまったかどうかを確かめる試験とも言いかえることもできますね。

 

起立性低血圧とは、立ち上がった際などに血液が重力によって足元に引っ張られてしまい、それが血液を最も必要とする脳に行届かなくなって生じるもので、具体的な症状としてはめまいや立ちくらみがほとんどです。

 

ですが、それが行き過ぎてしまった場合には失神を起こしてしまうのです。

 

このヘッドアップ試験の具体的な方法ですが、特殊なベッドに患者さんに寝転んでもらい、体を固定します。

 

その際に特殊な器具などを付けて血圧を測ります。

 

そして、最初は寝転んでいる状態の血圧を計った後に、特殊なベッドそのものを起こし、立ち上がった状態と同じようにします。そして、その際の血圧を計測します。

 

起立性低血圧が生じていない通常の場合であっても、重力によって血液は足元の方へと下って行きます。

 

ですが、下がってしまってからも、すぐに血液を頭へ上昇させられるように血圧が上手く調整をしてくれるのですが、その調節がうまくいっていないと脳へと血液が戻らなくなってしまうのです。そうなっている場合には間違いなく起立性低血圧でしょう。

 

ヘッドアップ試験では、寝転んでいる際と立ち上がった際の血圧の差を計り、そこから起立性低血圧かどうかを見極める試験だと言えますね。

 

なお、起立性低血圧自体は、自律神経の失調によって生じています。

 

その自律神経の失調の原因自体はこのヘッドアップ試験では分かりませんが、主にストレスや疲れ、生活習慣の乱れなどが自律神経の乱れを生じさせる原因だと考えられています。

 

また、ヘッドアップ試験が行われるのは失神などを起こして運び込まれた方などです。

 

もしかしたら、別のもっと大変な病気によって失神を起こしてしまった場合も考えられますので、この検査によって理由を解明する、その一つの試験だと言えるでしょう。

低血圧を解消するために行うこと

ああ

 

なお、低血圧を治すため、特に起立性低血圧を治す場合にはとにかく自律神経を正常に戻すようにすることです。

 

自律神経の乱れを治すためには生活リズムを正常にするようにするのも効果的です。

 

夜更かしを行わない、毎朝一定の時間に起きてきちんと日光を浴びるなどの方法でも自律神経を正常にすることは簡単に行えます。

 

ただ、それ以外の方法としては運動や入浴などが挙げられます。

 

運動不足は血液を送る筋力を低下させてしまうために、低血圧を助長させてしまうことです。

 

なので、適度な運動を定期的に行うことによっても低血圧はかなり改善されると言えます。

 

自律神経に限れば、石斛的に下半身を鍛えるような運動をすると、自律神経の交感神経と副交感神経の切り替えも早くなり、血圧調整にも非常に効果的です。

 

おすすめの運動としてはウォーキングやスクワットなどが挙げられます。

 

他にもラジオ体操であれば全身を使う運動ですし、毎朝一定の時間に起きることもできるようになるので、非常におすすめです。

 

ただし、低血圧の方が急激な運動を行ってしまうと、運動後低血圧を引き起こしてしまう場合もありますので、必ず適度な運動にとどめるようにするといいでしょう。

 

もう一つのおすすめの解消方法は入浴です。

 

入浴自体は体を温め、血流を良くする効果があります。

 

入浴後にマッサージをするとさらに効果的ですし、お風呂を上がった後に温まったふくらはぎから下を少し冷たいシャワーで冷やすことも血圧を上昇させるコツです。

 

なお、起きてすぐにシャワーを浴びることも血圧を上昇させることには効果的ですが、短時間にしないと血圧が上昇しすぎてしまい、逆に低血圧を助長させてしまうことがありますので、注意しましょう。

 

もちろん、入浴でも同じことが言えますので入浴は15分くらいの短時間で済ませるようにしましょう。

 

なお、入浴後にアロマオイルを使用して心をリラックスさせるのもかなり効果的です。

 

こちらはストレスの解消にも繋がりますので、起立性低血圧の予防にも行えますね。また、起立性低血圧を治すためには食生活も見直すといいでしょう。

 

偏った食事をしていると栄養バランスが乱れてしまい、自律神経を乱してしまいます。特に亜鉛やミネラル、ビタミンやたんぱく質が不足しがちなので、これらをバランスよく食べるように心掛けましょう。

 

私の娘は「キリツテイン」を飲むことで起立性調節障害が治りました!

中学2年生の娘は起立性調節障害で朝起きることができませんでした。毎朝頭痛や貧血で体調が悪く、学校を休む日も多かったんです。

 

そこで「キリツテイン」を飲ませたところなんと1カ月後には朝頭痛に悩まなくなりました。

 

あれから3カ月が経ちますが今では学校を休むことなくなりました。

 

私の娘のように起立性調節障害や起立性低血圧の子供をお持ちでしたら「キリツテイン」を試してみてはいかがでしょうか?

 

ああ

 

ああ

関連ページ

起立性低血圧と栄養の関係。どんな食事を食べればいいの?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【飲む前に知っておきたい】起立性低血圧とデパスの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で顔面蒼白に?顔色が悪くなる原因は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で学校に行けない娘への正しい接し方
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧が繰り返す理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧とむくみの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で使う薬は?注意や副作用は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で合併症を発症するの?その解決方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧に効果のあるサプリは?中学生でも飲めるのはどれ?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と耳鳴りの関係。どんな関係があるの?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と喘息の関係。その解消法と予防は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧をほっておくと重大な病気になる?今からできる治療法は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
「中学生」起立性低血圧で起きられない?毎朝自然に起きれる方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
寝不足から起立性低血圧に?寝不足を解消する方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧のあくびの原因や予防法は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らないと危険?】起立性低血圧と脱水症状の関係とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で汗がでる理由は?それって多汗症かも?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と遺伝の関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧とデプロメールの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【まず読んでおきたい】起立性低血圧は運動療法で改善できる?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧で気絶?その理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【それって危険?】起立性低血圧とお風呂の関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と女性の関係。女性は特に要注意?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます

 
起立性調節障害 起立性低血圧について 朝の頭痛や立ちくらみ 管理者へ質問してみる