起立性低血圧 あくび

起立性低血圧とあくび

起立性低血圧とは

起立性低血圧は、寝ている状態、もしくは座っている状態から立ち上がった際に、重力によって足の方に血液が落ちてしまい、一時的に脳の血液量が低下してしまうことを指します。

 

そのために、失神やめまいなどの症状が見られます。

 

なお、本来であれば立ち上がった時であっても、重力で血液が下がってしまうのを防ぐために、自律神経が働いてうまく調節し血圧を一定に保っているものなのです。

 

ですが、この自律神経に何かしらの問題が生じていると血圧を一定に保つことができなくなってしまい、この起立性低血圧が発生してしまうのです。

 

そのために、自律神経に異常が生じる、つまりは自律神経失調になってしまうことが起立性低血圧の直接的な原因だと言えます。

 

大人でも様々な要因で自律神経失調は生じますが、特に自律神経が未発達な子供にはよく見られる症状です。

 

そのような起立性低血圧を含めて、起立性調整障害とも呼ばれており、これらによって学校に行けなくなる子供などが増えています。

 

起立性調節障害は大人でもなりますが、上記に挙げた通り自律神経がまだまだ未発達である子供たちでも発症し易いために、起立性調節障害による不登校などが少し問題になっています。

 

 

あくびとの関係性について

起立性低血圧が生じていると、その症状の一つにあくびをしてしまうということがあります。

 

あくびは、本来はぼーっとしている脳を刺激するために酸素を取り込む行動です。

 

眠くなったときなどに起こるのはよく知られていますね。

 

ですが、このあくびも起立性低血圧によって生じる症状の一つとして考えられる場合があります。

 

起立性低血圧によって生じるあくびは、普通のあくびとは違って眠くも無いのに何度も何度も出てしまうような生あくびのことを指します。

 

なので、生あくびが頻繁に出るというような方やお子さんは、起立性低血圧の可能性があります。

 

なお、起立性低血圧によってあくびが出てしまうメカニズムですが、こちらもぼーっとしている脳に酸素を送って刺激を与えようとする、という体の反応が働きます。

 

ですが、起立性低血圧によって生じるあくびの場合には、このぼーっとしている脳の状態でないにも関わらずにあくびを生じさせます。

 

その理由は、脳に血液が十分に回っておらず、脳血流が低下しているのを体が睡眠を欲している、脳がぼーっとしていると判断してしまうからと言えます。

 

そのために必要もないあくびが頻発してしまいます。

 

ただ、あくびに関しては日常生活に支障をきたす様なものではありません。

 

ですが、起立性低血圧のその他の症状の中には、頭痛や失神、吐き気などの日常生活に生活をきたすような症状が見られます。

 

逆に言えば、生あくびが多くなるような人は、知らず知らずのうちに起立性手血圧になってしまっているという可能性もありますので、あくびは起立性低血圧になっている可能性がある、一つのサインとして考えた方がいいかもしれません。

 

 

生あくびには起立性低血圧以外の危険性もある

なお、生あくびに関しては起立性低血圧以外の体の異常を訴えかけるサインとなっていることもあります。

 

起立性低血圧とは真逆の高血圧になっている可能性があります。

 

あくびが止まらないままでいると、脳梗塞になってしまうこともあります。

 

もしも、あくびが頻発してしまうのであれば、一度は血圧を測ってみるのもいいかもしれませんね。

 

また、起立性低血圧であれば、汗がたくさん出てしまったり、めまいや立ちくらみ、特に立ち上がった際のたちくらみが起きるというような症状も見られますので、それらの症状が出ていないかどうかをしっかりと確認しておくようにしましょう。

どうやって予防すべきか

起立性低血圧によるあくびの予防をするのかを考えるのならば、単純に起立性低血圧を予防すべきです。

 

起立性低血圧を治せば、あくびも止まります。

 

なお、単純にあくびだけに関しては貧血を起こしている可能性もありますので、鉄分を豊富に補給すると良いでしょう。

 

鉄分はホウレンソウなどの食材からも摂取が可能ですが、効率よく摂取をするのであれば、サプリメントの方がいい場合もあります。

 

なお、鉄分自体には低血圧自体を無くす働きもあり、ひいては起立性低血圧を治すのにも繋がりますので、非常におすすめです。

 

なお、それ以外ですと、起立性低血圧を治すために自律神経を発達させるようにしましょう。

 

自律神経は足腰を鍛えるような運動や、日光を浴びるようにすることなどで活動が活性化されます。

 

他にもビタミンなどの栄養素もしっかりととるようにするようにしましょう。

 

また、自律神経は夜更かしなどの生活リズムの崩れによっても乱れてしまうものです。

 

なので、きちんとした生活リズムに整えるようにして、健康的な生活をしていくと自然と治っていくこともあるでしょう。なのできちんとした生活をするように心掛けましょう。

私の娘は「キリツテイン」を飲むことで起立性調節障害が治りました!

中学2年生の娘は起立性調節障害で朝起きることができませんでした。毎朝頭痛や貧血で体調が悪く、学校を休む日も多かったんです。

 

そこで「キリツテイン」を飲ませたところなんと1カ月後には朝頭痛に悩まなくなりました。

 

あれから3カ月が経ちますが今では学校を休むことなくなりました。

 

私の娘のように起立性調節障害や起立性低血圧の子供をお持ちでしたら「キリツテイン」を試してみてはいかがでしょうか?

 

ああ

 

ああ

関連ページ

起立性低血圧と栄養の関係。どんな食事を食べればいいの?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【飲む前に知っておきたい】起立性低血圧とデパスの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で顔面蒼白に?顔色が悪くなる原因は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で学校に行けない娘への正しい接し方
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧が繰り返す理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧とむくみの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で使う薬は?注意や副作用は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で合併症を発症するの?その解決方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧に効果のあるサプリは?中学生でも飲めるのはどれ?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧でヘッドアップ試験をする理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と耳鳴りの関係。どんな関係があるの?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と喘息の関係。その解消法と予防は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧をほっておくと重大な病気になる?今からできる治療法は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
「中学生」起立性低血圧で起きられない?毎朝自然に起きれる方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
寝不足から起立性低血圧に?寝不足を解消する方法とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らないと危険?】起立性低血圧と脱水症状の関係とは?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧で汗がでる理由は?それって多汗症かも?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と遺伝の関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧とデプロメールの関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【まず読んでおきたい】起立性低血圧は運動療法で改善できる?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【知らなきゃ損する】起立性低血圧で気絶?その理由は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
【それって危険?】起立性低血圧とお風呂の関係は?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます
起立性低血圧と女性の関係。女性は特に要注意?
起立性調節障害に悩んでいる中学生を持つ親が子供に対して何ができるのかを教えます

 
起立性調節障害 起立性低血圧について 朝の頭痛や立ちくらみ 管理者へ質問してみる